レッドブルのポカリ割はプラシーボ

レッドブルのポカリ割
未だにレッドブルをポカリスエットで割って飲む方法のコピペツイートが流れているほど当たり前な感じになってしまいましたね。これを効果的な飲み方として紹介するブログまであるほど(-_-;)
ここではレッドブルのポカリ割を紹介するんじゃなくて、レッドブルのポカリ割そのものについて考えてみます。

このツイートがきっかけ?

RTとファボがすごいですね。調べるとこのツイートが元に近いようです。このツイートによれば『レッドブル本社にも公式RTされた』と書かれています。本社がオーストリアのアカウントなのか日本のアカウントなのか今となっては不明ですね。たぶん日本のレッドブルアカウントだと思います。
とりあえずツイログで『ポカリ』や『ポカリスエット』で調べてみましたがRTはヒットしませんでした。昔過ぎて出てこないのかもしれません。

で、このツイートの『現場の某スタッフ案』という現場というのはレッドブルの現場なのか、この方の職場などの現場なのかは定かではありません。どこの現場か曖昧なので、『公式RTされた』とそのまま書かれることが多く、『レッドブルが考案した』とはあまりかかれませんが、『レッドブル公認』というように変化してしまっているツイートも多く見かけます。

エネルギー切れを起こさない?

このレッドブルのポカリ割を作って1日かけてチビチビと飲むとエネルギー切れを起こさない、というのが一連のツイートでよく出てきます。
これに対してパーソナルトレーナーの安藤宏之氏は『この2つのドリンクは混ぜるな危険』と書いています。ふたつを合わせると合計で糖質が50gを超え、血糖値の上昇を招くとのこと。

そもそもこの『公式がRT』したと言われているポカリ割は、糖質50gを少しずつ補給することで常にエネルギーを補給する(血糖値を高めに保つ)という理論。

しかし糖質50g程度であれば473mlのエナジードリンクはほぼ全て(ゼロ系・ローカーブ系除く)がこの数字を超えていますから特別なことではないと思われます。またアルギニンの血管拡張についても書かれていますが、ごく微量なので特に問題視する必要はないのでは、と思います。

もし糖質50gでエネルギー切れしないのであれば、コーラ500mlでOKです。
コーラ500mlで糖質50g摂取、安価にエネルギー切れを予防?できる???
言い方変えて二度言いました(;´∀`)
※コーラ100mlあたり約11.3gの糖質☓5=約56.5gの糖質。コーラコスパ最強説。

レッドブルのポカリ割の味

エナジー・ドリン君は飲んだことない&飲む気がないのでわからないですが、レッドブルとポカリを混ぜた味は賛否両論ですね。

薄まって飲みやすくなったという人もいればレッドブルの美味しさそのものが損なわれてマズい、という方まで。ここはエナジー・ドリン君の味の主観を入れずとも口コミが多いので試したい方はどうぞ。

個人的にはネタでもわざわざ薄めて飲む気はしません。

レッドブルのポカリ割の効果

『効果』とか『効果的に飲む』とか言ってる時点でなにか変な感じもしますが、プラシーボ込みの体感なので、人それぞれだと思います。ポカリ割がすごく効くという人もいますし、まったく何もないし逆にレッドブルのまま飲んだほうが良いという方もいます。中には眠気が全然こない(注:コーヒー1杯分のカフェイン)という方もいます。

知恵袋では『スポーツドリンクを飲むと体に吸収されやすくなるのは水分であって、その手の栄養ドリンクの主な効能成分と思われるカフェインの吸収とは関係ありません。』という回答も見られました。アルコールの吸収についても同様に『吸収が高まることはない』と書かれています。

そして最後の一文の『ポカリと栄養ドリンクを混ぜて飲むと効果が1日持続するというのは多分思い込みです。』これに尽きると思います。

信じるものは救われる

この手の話が出てくると『プラセボであらゆる病に勝てそうでうらやましい』などの意見が大半で大抵プラシーボ効果で結論が出てしまうのですが、やはり信じているとそう感じて体も多少反応するから面白いですね。

色々な比較実験でもプラシーボの効果については認められていますから、レッドブルのポカリ割が全く効果がないということはないと思っています。

ただ『期待できるほどの効果』があるのか、というとそれはないんじゃない?(コーヒー1杯のカフェインとコーラ500mlの糖質)というのがエナジー・ドリン君の考えです。