burn BERRY

burn BERRY
バーンブルーベリーフレーバー。
缶デザインが高級感があって素晴らしすぎます。

ベリー系果汁20%が美味い

burn BERRY
バーンのオリジナル自体がクランベリー系パンチのような砂糖系寄りのフレーバーなのでこちらの紫のベリーフレーバーはどんな感じなのかと思ったらまったくの別物。
フレーバー自体は缶デザインにもあるようにメインが葡萄系。その他にもブラックベリーやクランベリーなどの酸味も感じます。

シュガー系フレーバーのオリジナルとの大きな違いは果汁20%配合でしょう。特に飲み口よりも後味とそのときに残ってスーッと抜けていく香りにフルーツのみずみずしさを感じます。

甘さについてはシュガーで調整していると思いますが味と香りにベリー系ミックスのみずみずしさを感じるので美味しさが格段に上がる気がします。やはりこれが無果汁で再現しにくい味と香りなんじゃないかなぁと(●´ω`●)

burn BERRyのエナジー成分

カフェイン80mg、タウリン1000mg、ガラナなどは一緒。

burn BERRY
気になる果汁分としては何と14%もリンゴ果汁が入っていてこれがメインになっているようでとても意外です。
続いてブラックベリー4.5%、赤ぶどう0.9%、ラズベリー0.5%、いちご0.5%の配合率になっています。

確かに果汁の内訳を見てからもう一度飲むと甘さはリンゴからきているように感じました。色がリンゴっぽくなく紫だと味覚の感じ方も変わるのかなと(^_^;)
しかも後味はベリー系の酸味がしっかり出ているのでりんごジュースとは思わないわけですね。何となくリンゴ果汁でベリーの酸味を和らげているようにも感じました。

これは本当に美味いです。

缶デザインも秀逸

burn BERRY
フルーツと融合したバーンの躍動感とバーンロゴの炎がエナジードリンクとフルーツのみずみずしさを表現。これを見ただけで飲みたくなってしまうはずです。
黒地に紫というのも高級感や妖しさも感じられてイイですね(u_u*)
成分表記はハンガリー製品のためか炎にはなっていませんが、重要な部分は紫になっているところはバーンシリーズと同様です。

burn BERRY
プルタブはバーン統一とも言える赤タブ。中身が赤紫なのでこれはこれで視覚的にも合うかも。商品によってタブカラーが変わるとさらに集め甲斐がありそうです。

burn BERRYの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について