burn TROPICAL

バーントロピカル
バーンの本格ジュースエナジーであるJUICED ENERGYシリーズ、トロピカルフレーバーです。

果汁21%、濁りと香りがスゴイ!

バーントロピカル
開けると一気に柑橘系の強い香りが広がります。
中身はというと透明感の全くない果物を絞ったかのような濁りのあるトロピカルバーン。

味はフレーバー名通りで面白味ないですがトロピカルフルーツで特にどのフルーツの味が強いということもなく甘酸っぱい柑橘系トロピカルフレーバー。
確かに果汁も多いだけに後味と口に含んだ時に広がるフルーツ感がよく出ていると思います。高果汁系エナジーの美味しいレベルに軽く達している感じ。

似ているトロピカルフレーバーのエナジードリンクとしては柑橘系のレッドブルサマーエディション。それよりももっと酸味は柔らかく果実感が増していて、特に後味に果肉を絞って飲んだ時の美味しさを感じます。レッドブルとバーントロピカルでどちらが美味しいかと言われたらバーントロピカルのほうでしょう。

バーントロピカルのエナジー成分

カフェイン80mg、タウリン1000mg配合。
基本的にバーンは全てほぼ同じような成分になっているので特に書く必要はなさそうですが、一応。

バーントロピカル
果汁の内訳は濃縮ジュース19.5%としてオレンジが18%、アプリコット1%、パッションフルーツ0.5%、ピューレ2%としてグアバ1%、マンゴー1%が入っているようです。21%越えてしまってますがパッションフルーツ0.5%は誤差レベルな感じですね(;´∀`)

何となく甘いオレンジ系にクエン酸などの酸味料で酸味を引き出してる感じはしますね。味としてオレンジの酸味はあまり感じない気がします。

缶デザインも秀逸

バーントロピカル
ジュースシリーズのデザインは製品によってやや違うのですが今回のトロピカルはしっかり果汁の入ったイメージを演出しています。
鮮やかな色のオレンジやマンゴーなどがざっくりと砕けて流れ落ちるイメージがフレッシュさと躍動感を感じさせます。このシリーズのデザインが統一されればぜひコレクションして並べたくなりますね(●´ω`●)

burn TROPICALの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について