X-ZONE(エックスゾーン)

X-ZONE(エックスゾーン)
エクスプロージョンからエナジーショットであるX-ZONE(エックスゾーン)が発売されました。代表の大谷さんに伺ったところエナジーショットとして発売とのこと。成分も味も濃厚です。

濃厚でトロトロのシロップ系

開けた途端、ものすごく強いりんご香料の香りとレッドブルのような強い香りが一気に広がります。これは相当強いです・・・。今までこんなに濃厚な香りはなかったかも、というレベル。

X-ZONE(エックスゾーン)
グラスに注ぐと濁りのあるゴールド。炭酸はなく、こってりとしたとろみがあります。こうやって注いでみると100mlは少ないですね。味わって飲むというよりも本当に1秒で一気に飲み干すという感じの量。

実際に飲んでみると、これが『増粘剤入れすぎ!?( ゚д゚)ハッ!』と思えるほど濃厚でこってりしています。

フレーバーはロックスターに近いケミカルテイストにさらに喉の奥まで強烈に感じる強い甘さが特徴的。強い香りと甘さ、こってりしてゴクゴク飲めないネットリとした強烈に重い感じ・・・。これは恐らく100mlに大量の糖分やアミノ酸が入っているためだと思います。あとで成分を紹介しますが、よく100mlに入れたな、と。

このネットリした濃厚な感じは想像がつかないと思いますが、もうモグモグ感というレベルではありませんw

X-ZONEを飲む前は『秒速一気飲みするものでしょ』と思っていましたが、意外とそれはできないかもしれませんね(^_^;)
とろみに加えてかなり甘辛さが強いので息継ぎしたくなりますw

X-ZONE(エックスゾーン)のエナジー成分

X-ZONE(エックスゾーン)
カフェイン170mgと国内エナジードリンクの中でも最高峰。他と比べるのがもう間違っているレベルですね。

カフェインに加えてDリボース5000mg、シトルリン800mg、アルギニン、800mg、オルニチン150mg、α-GPC100mg、α-リポ酸50mg、パラチノース10,000mg、ブドウ糖8,000mg、ビートグラニュー糖6,200mg、クエン酸1,000mg、イノシトール30mg(缶からそのまま抜粋)という細かいところまで成分記載があります。ここまで細かく書かれているものはなかなか他には見られません。

そして驚異的なのはこの成分量が100mgに入っていることです。
アスリート向けのエナジー補給としてブドウ糖で一気に血糖値を上げつつ、パラチノースとビートグラニュー糖があとからゆっくりとエネルギーを供給し続ける感じ。大量の水分を摂取せず栄養補給できるエナジーショットならではの機能性を感じます。

ほかの成分も色々と解説したいのですが、成分解説に偏ってしまうので省略します。全体的にざっくりと言うと、

  • 覚醒作用
  • 神経伝達
  • 成長ホルモン分泌
  • エネルギーの維持
  • 疲労改善

などを想定した作りになっていますね。

これ一本でスポーツに必要な各種成分を必要量まで摂ることは難しいですが、エックスゾーンを試合前などに飲むような人はコンディションの調整で自分に必要なサプリメントを事前に摂取しているはずなので、どこでもすぐに飲める成分として考えたらエナジーショットとしてアスリートも満足できる内容になっていると思います。
会場に手軽に持ち込んでエネルギーの補給に使うようなイメージそのもので間違いありません。

X-ZONE(エックスゾーン)のデザイン

色合いがエクスプロージョンの缶と同じように落ち着いた色合いで和のようなテイストを感じるのがけっこう気に入っています(*´ェ`*)
X-ZONE(エックスゾーン)
日本らしさといえばMADE IN JAPANには日本の国旗マークが。ロックスターやそのほかFULL THROTTLE、XYIENCEなどのアメリカのエナジードリンクブランドではアメリカの国旗がしっかりと記載されていてかなりクールなデザインだったりするので、こういうのはあって良いと思います。強いて言えば、アメリカのあの派手な国旗のように演出するのは難しいですがクールな国旗デザインにしても面白かったかもしれないですね。グラデにしたりラメ入れたり。

X-ZONE(エックスゾーン)
正面にはエクスプロージョンのフェイスロゴ、そのフェイスロゴがキャップの丸い形状にピッタリでシンプルで合いますねw

エナジーショットの缶自体小さく、そこに成分表記がずらっと書かれているため、見た目は少しゴチャゴチャした印象にも思えますが、X-ZONEを手にする層が中身を重視することは間違いないので、購入前の成分確認と商品特性をアピールするためには必要なのでしょう。

これだけ小さいと成分一覧やその他必須記載情報を考えるともうこれ以上シンプルにはできないんだろうなと思います。

X-ZONE(エックスゾーン)
個人的な感想ですが、エクスプロージョンもこのエックスゾーンもどちらも統一感あるカラーとインパクトあるロゴなので、ぜひカラーリングを広げて250ml缶のエナジードリンクのフレーバー展開を広げてほしいと思います。フレーバーだけでなくエナジードリンクのAMPのように成分と訴求テーマによってカラーを変えても面白いかもしれません。

X-ZONE(エックスゾーン)の関連エナジードリンク


X-ZONE(エックスゾーン)の評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について