JAVA MONSTER CHAI HAI

JAVA MONSTER CHAI HAI
JAVA MONSTER CHAI HAIです。2007年製造の旧タイプ。
CHAI HAIのみコーヒーエナジーではなくティーエナジーとなっています。

香辛料の香りが強烈!チャイに挑戦したJAVA MONSTER

グラスに注いでいると強烈なシナモンの香りが漂ってきます。紅茶にシナモンやクローブ、ジンジャーなどその他の香辛料を入れたような、チャイそのもののような香り。今までのJAVA MONSTERとは全く違います。

JAVA MONSTER CHAI HAI
色はチャイと言われたらその色にしか見えない薄い色、さらにこの香辛料と紅茶の香りが本格的なチャイをイメージさせます。しかしこの濁り感、神の粉なのか劣化による悪魔の粉なのか・・・これが古い個体の怖いところです(ヽ´ω`)

飲んでみるとシナモンやジンジャーなどの香りが一気に突き抜けます。この香りの中、甘くあっさりとした舌触りのミルクティーフレーバーが味わえます。JAVA MONSTER独特の濃厚こってり甘すぎフレーバーではありません。

シナモン、ジンジャーなどの香辛料はチャイらしさを演出してはいますが刺激的な香りにとどまり、香辛料の刺激的な味は添加されていません。独特のチャイらしい香りと甘さ、紅茶フレーバーのブレンドという、飲む前から感じていた好みが分かれそうなフレーバーは、やはりロングセラーになりにくいだろうなと実際飲んでみて実感しました。

実際に何度かインドの家庭でチャイを飲ませてもらったことがありますが、チャイハイはそれより断然一般人が飲みやすくなっています。チャイらしさを演出しながらできるだけチャイすぎないようにしているのかもしれません。

JAVA MONSTER CHAI HAIのエナジー成分

カフェイン188mg、タウリン2000mg、高麗人参400mg、カルニチン、ガラナ、マルトデキストリン等々が配合されています。

JAVA MONSTER CHAI HAI
今回はチャイなのでCOOFFEE + ENERGYではなくTEA + ENERGYです。紅茶の抽出物くらいは入っていますが、特別チャイらしい成分は特に含まれていないのは不思議ですね。というかこれだともうコーヒーエナジーシリーズではないですよねΣ(´∀`;)

ミルク系の古いエナジードリンクはきつい

今回のCHAI HAIはプロダクト的には2007年から継続されていたものですがレビューしたものは一応2010年初期の製造の商品でした。2010年でも経過しすぎで劣化は確実に進んでいてヤバイですよね、かなり。

とは言えチャイハイを含め10年くらい前のものがレビューできることは世界的に見ても今はほとんどできないので貴重な情報を残すことが出来たかなと思いますが、正直ミルク系エナジーの古いものはできるだけ避けていきたいですw

JAVA MONSTERシリーズは特に初期の頃に製造終了したものが多く、その分すべてをレビューしているわけですが、飲んだ後に健康でいられることに感謝する回数が多すぎて自分でも笑えてきますwww

JAVA MONSTER CHAI HAI
このチャイハイ独特の模様。そしてくすんだグリーン。世界中のエナジードリンクを飲んでいてもやはりこの色、デザインは異様なものを感じます。このデザインで不安が余計高まったのは言うまでもないでしょう(^_^;)

中身のチャイ自体は好みが分かれるので恐らくそれほどリピーターがつかずに終わったのだと思います。チャイなら自宅で作って飲んだり飲食店で飲むのがほとんどでわざわざモンスターエナジーを買って飲むことはないと想像できます。色々な挑戦をした歴史としてとても面白い商品であることは間違いありません。

JAVA MONSTER CHAI HAI
現在ではJAVA MONSTERの中でもトップクラスにレア化しているもののひとつです。ついでに他の激レア化しているJAVA MONSTERは、今回のCHAI HAI、NUT-UP、LO-BALLと続き、店頭では買えないけどまだ出回っている比較的新しいものはORIGINALE、BIG BLACK、RUSSIAN、TOFFEEがあります。TOFFEEは2014年最初のエナジードリンク紀行ロサンゼルスでは購入できました。同じ店に2016年2月に行ったところ、当然なくなっていましたw

古いものを飲むときは皆さんも十分覚悟して飲んでくださいねw

JAVA MONSTER CHAI HAIの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について