JAVA MONSTER RUSSIAN

JAVA MONSTER RUSSIAN
2007年販売開始で現在は終了しているJAVA MONSTER RUSSIAN。
JAVA MONSTERシリーズで最も缶デザインが好き(●´ω`●)

香りは甘く、味はしつこいものの意外にも飲めてしまう

開けると一気にJAVAモンスター独特の甘い香りが広がりますが飲み慣れているせいか特にきついな、という印象はありませんでした(異常)

JAVA MONSTER RUSSIAN
古い商品だから、ということで入念に振ったにもかかわらずやはり粉末状に固形化された成分が浮いています。これは大丈夫なのだろうか、と誰もが思うはずw
2007年発売以降の最終ロットに近いものであると思いたいのですが、それでも数年前の乳製品なのでさすがのエナジー・ドリン君も少しビビリます(^_^;)

恐る恐る飲んでみると・・・一口目はそれほどインパクトのない甘いコーヒー飲料という印象。
常温だろうが飲めてしまうのが不思議なくらい甘さは控えめです。エナジー・ドリン君はアメリカのコーヒーエナジーに若干慣れてしまっているので、一般的な感覚では初めて飲むJAVA MONSTERがロシアンなら甘すぎると感じるかもしれません。
成分を見る限りだとかなりミルクが使われているようですが、それほど甘さがないのが不思議。これが劣化なのかどうかは不明ですw

ゴクゴクとロシアンを飲み進めていくと、後味に一瞬感じるなんとも言えない香りと味は何と表現したらいいのか・・・。後味に胃酸を感じますね(ヽ´ω`)
胃酸を感じるなんてよくわからないと思いますが、劣化が原因かと思います。簡単にいえば腐ってるんじゃないかとw
※古いコーヒー乳飲料系はこんな後味が大体するので劣化状況がわかるはずΣ(´∀`;)

ロシアンコーヒーをコンセプトに

JAVA MONSTER RUSSIANは、元々アルコール入りのロシアンコーヒーをコンセプトに作ったそうです。ロシアンコーヒーなんて初めて聞きました。

ココア、チョコレート、ミルク、砂糖、ホイップクリームで甘くしたコーヒーに卵とウォッカを入れたものだそうですが、そもそものロシアンコーヒーの味がわからないので『再現性バッチリ!』とすら感じることが出来ず残念です・・・。

Uber MonsterIrish Blend同様、もちろんノンアルコールのコーヒーエナジードリンクなので誰が飲んでも大丈夫。

甘そうで独特の味わいになりそうなロシアンコーヒーをモチーフにして作られたとは言え、同シリーズよりもやや甘さが控えめな感じを除けば他のJAVA MONSTERとの差は対して感じられませんでした。

ロシアンのエナジー成分

カフェイン188mg、朝鮮人参200mg、タウリン1000mg、ほかはガラナ、カルニチンなど2500mgのエナジーブレンド配合。
成分一覧を見るとコーヒーも入っているようですがごく微量1g程度と思われます。コーヒーの何が入っているのかはよくわかりません(^_^;)

ロシアンのデザインがJAVA MONSTER中で最もお気に入り

JAVA MONSTERシリーズには凝ったデザインのものが多い中、ロシアンは特に好きなデザインです。
JAVA MONSTER RUSSIAN
缶全体は赤茶けた石の壁や床などの削りだしテクスチャのような質感が表現されていてこれだけでグッと来るのですが、缶サイドにはロシアを象徴するような聖ワシリー寺院が描かれていたり、全体の色合いも赤の広場がイメージされてるのかなと想像できますよね(*´ェ`*)
JAVA MONSTER RUSSIAN
旗にはモンスターロゴも入り、見ていて色々と妄想すると楽しいです!

昔のモンスターのデザインやコンセプトなどは特に妄想が膨らむので飲みながらそれぞれのモンスターの背景やコンセプトを考えて飲んでみると面白いと思います。
今回のロシアンコーヒーをモチーフにしたアルコールコーヒーエナジーは、同じJAVAシリーズのアルコールコーヒーをモチーフにしたアイリッシュブレンドに継承されたのではないでしょうか。そう考えるとどことなくテクスチャの使い方などが似ています。
モンスターエナジーはホント面白いですね!((o(´∀`)o))
JAVA MONSTER RUSSIAN

JAVA MONSTER RUSSIANの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について