RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
大正製薬のRAIZINから2016年に新フレーバー登場!ということで急遽ニュースで取り上げた翌週にはお試しセットとしてライジン、ライジンプロトタイプがセットになった『ライジンボーナスパック』が発売されました。
今回は正式販売前に期間限定販売となったライジンプロトタイプをレビューします。

ジンジャーの刺激が軽減された甘いフレーバー

まず成分をチラッと見た時にショウガ抽出物が記載されていたので、また辛い系か・・・という落胆から入ったことは言うまでもありません。

そんな中さっそく開栓して香りを確かめると、心配していたジンジャー系刺激臭はわずかに感じられましたが想像よりも断然弱いです。

ちなみにプロトタイプとは別にライジンを開けて香りを確かめるとこちらはやはりキツイ・・・。香りの時点でプロトタイプがジンジャーフレーバーだとしても大きな違いがあることがわかりました。

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
飲んでみると・・・( ゚д゚)ハッ!ジンジャーテイストがほぼ皆無。
ドリン君は香辛料系に人一倍敏感ですがそれでも辛さを感じません!

プロトタイプを口にしてまず始めに感じるのは甘さです。とにかく甘い。
エナジードリンクと言われて一般的に想像するようなケミカル感はなく、まろやかでフルーティーな甘さがメインフレーバーです。

どことなく子供の頃飲んだシロップのような薬の甘さを思い出します。うーん、ここにケミカル感があるのかな?苦味がない分ケミカルさは微妙に感じられる程度に抑えられているのかもしれません。

後味には甘い残留物があり、香りもまろやかに残りますしモンエナのモグモグ感にも近い風味を残します。この香りと濃いめの甘味のダブルパンチで飲みごたえがあります。

RAIZIN PROTO TYPEのエナジー成分

カフェイン量は記載がなく、問い合わせたところまだ公表されていないとのこと。ライジンオリジナルと同じなら80mgです。そもそもオリジナルも缶に記載がないのでここは書いて欲しいところですね。

一応生姜抽出物と香辛料抽出物は入っていますが当然オリジナルよりも少なく、また甘味料は多く配合されているようです。ちょっと甘すぎる感じもしますがこれくらいじゃないとドリン君は飲めないですね(^_^;)

RAIZINとRAIZIN PROTO TYPEの比較

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
せっかくボーナスパックで1本ずつ入っているので飲み比べてみました。色はほぼ同じでどちらがどちらかわからなくなりますね。

しかしグラスに近づくと香りだけでどちらがプロトタイプでそうじゃないかがわかるほどライジンオリジナルのジンジャー臭は強いです(ヽ´ω`)

飲み比べる必要ないほど辛さも香りも違いました(^_^;)
プロトタイプの甘さはライジンジャパンから大正製薬オリジナルにリニューアルしたときに強化された甘味をさらに強烈に引き上げた感じ。また逆に香辛料が一気に削られたのでインパクトは欠けた印象です。

結局特徴は甘いというだけでライジンらしさは随分なくなってしまった感じですが、これならまったく別のフレーバーを出してもよかったんじゃないかと思います。辛さのレベルでシリーズ化するなら逆にそれはそれで面白いですけどねw

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
しかしオリジナルのライジンを飲むと胃がピリピリしてきます・・・。

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
どちらを選ぶかと言われたら断然プロトタイプでしょう。
正式販売の時期はまだ未定とのことで公表はしていないようで、ボーナスパックがなくなったら出るかも、と濁されました。正式販売のときにはデザインが変わると面白いですよね((o(´∀`)o))

今後のライジンプロトタイプの展開について

今回限定ボーナスパックで発売されたプロトタイプ。
時期を未定として正式発売されることは決まっているようです。

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)
多くの人が気になっているのが缶正面のコードネーム『GW』でしょう。
ドリン君もこれを見た時はゴールデウィークとかジンジャーウォーターとか、一体何なんだろうと思っていたのですが・・・。

ドリン君はこれをライジン・グリーンウイングと予想します!
『RAIZIN PROTO TYPE』の文字が緑色になっているのもそれと関連付けてあるのかと思います。
さらにもうふたつ、ライジン・ブルーウイング、ライジンレッドウイングも出るのではないか、と。

・・・予言っぽく書いてみましたが、実はたまたま商標出願されているこの3つを見つけてしまっただけなんです(^_^;)
それで『コードネームGW』が『Green Wing』なのだろうなと思ったわけ。もしプロトタイプがこれらの先行販売品のひとつだとしたら、今後ライジンシリーズが広がる可能性が非常高くなります。まだ出るかどうかはまったくわからないですけどねw

こんなのを見つけるのはエナジードリンクマニアくらいしかいないかもしれませんがw
これを見た時に実は色々準備しているんだなぁと思ったら、ライジンの本気度を見たようでちょっとテンション上がりました!
今後のプロモーションに期待したいですね((o(´∀`)o))

RAIZIN PROTO TYPE(プロトタイプ)の評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について