ROCKSTAR ICED

ROCKSTAR ICED
2012年発売ロックスターアイスティー、ROCKSTAR ICEDです。
なぜリカバリーのレモネードティーと一緒のシリーズに入らなかったのか、ロックスターは謎が多いです。

茶葉の香りが強すぎるピーチティーフレーバー

開栓後とグラスに注いでいる時の茶葉の香りがとても強く、ピーチの甘く優しい香りはほとんどしません。香りだけでは味がまったくわからないほど紅茶そのものの香りが強烈です。

ROCKSTAR ICED
味はというと、この濃い色や香りとは違い普通のピーチティーで優しいんですよね(●´ω`●)
茶葉の強さも香りほど強くなく爽やかな飲み心地です。しかしこれといって特徴はなしw

スッキリと誰でもピーチティーフレーバーを楽しめると思いますが、パッケージのギラギラした感じはフレーバーからは感じられませんでした。フレーバーとしては特別な感じはなく、普通のピーチティーフレーバーなのでなぜこんなギラついたデザインになったのか気になりますねw

モンスターのリハブシリーズに対抗したのかどうかは定かではないですが、わざわざピーチティーを飲むのにROCKSTAR ICEDを買う人はいないんじゃないかな?
何となくですがモンスターリハブシリーズのほうがフレーバーのシリーズを一貫して出し続けたことでこちらのROCKSTAR ICEDは存在感を出せなかったんじゃないかと思います。

ROCKSTAR ICEDのエナジー成分

カフェイン240mgと高配合。他にはタウリン2000mg、高麗人参100mg、カルニチン50mg、ガラナ50mg配合。
メジャーエナジードリンクブランドとしては気合い入り過ぎな内容ですね(^_^;)

またカロリーは20kcal、シュガーゼロでヘルシーです。ティー系エナジードリンクはどれも少しヘルシー志向というかそんな感じがしますよね。とは言えエナジーブレンドは凄まじい物がありますがw

ROCKSTAR ICEDのデザインが秀逸すぎる

ロックスターのデザインは素晴らしい物が多いのですが、その中でもトップクラスに好きなのがこのROCKSTAR ICEDです。
濃厚なゴールドにかすれるようなROCKSTARロゴが入ったボディの時点でインパクトが大きいですよね。

ROCKSTAR ICED
さらにシルバーラメがICEDとスターに施されギラギラ感が半端ないですwこのラメが角度によってギラギラするようにプリントされています。

これらを黒でしっかりと締めていて重厚感もあり、さらに仕上げがサラサラした手触りのマット加工になっているので高級感がグッと増しています。このカラーでツルツルした普通の表面プリントだと安っぽい感じがしたでしょう。やはりロックスターのデザインは別格だと思います。

ROCKSTAR ICED
ブラックトップにゴールドタブというのもしっかりとイメージをここまで統一されていて美しすぎますね(●´ω`●)

ROCKSTAR ICED
ちなみにROCKSTAR ICEDは当然無炭酸で振るタイプのエナジードリンクですが容量はなぜか473mlとフルで入っています。個人的にはフルでもしっかり振れるので量は少しでも多いほうが嬉しいです(*´艸`*)

ROCKSTAR ICEDの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について