ROCKSTAR LIME FREEZE

ロックスター ライムフリーズ
2015年新作フリーズシリーズ、ライムフリーズ。
フローズンライムフレーバー。

ライムの爽快感と炭酸が抜群に美味い

開けると一気に炭酸が吹き出し、ライムの爽やかな香りが広がります。
ライム系やその他シトラス系フレーバーが特に好きなのでこの時点でけっこうやられちゃいますね(;´∀`)

ロックスター ライムフリーズ
透明のライムウォーターくらいのものを想像していましたが、注ぐと少し濁ったようなポカリのような色。まあでもここまではこのパッケージとフレーバー名がライムフリーズということで想像通り。

味は確かにライムフレーバーではありますが、酸味はライムの爽やかさ程度、どちらかというと甘さが口に残る感じ。ライムフレーバーを酸味ではなく爽やかさと甘さで表現しているところが一般的なライムフレーバーとは違うように感じます。

もっと刺激が強いと思っていたので、飲む前の印象とはだいぶ違いましたね。これはこれで美味いんですが、もう一歩何かほしいなと。

FEEL THE FREEZE

ロックスター ライムフリーズ
ライムフレーバーというだけでなく、フリーズシリーズのちょっとした特徴として、今回のライムフリーズを常温に近い温度で飲むとライムの爽やかさと同時にメントールのようなスースーした冷たい爽快感を感じることができます。ライムの酸味を抑えても甘ったるくならずに爽快感を感じられるのはこのためかな?

しかしキンキンに冷やしてしまうと冷たさと混ざってしまいこの爽快感がほとんど感じられなくなってしまいます。
実際はスッキリした味わいで冷たく美味しく飲めますが、フリーズシリーズ独特の雰囲気を確かめるならあまり冷やさないほうがより実感できると思います(●´ω`●)

もちろん極限まで冷やして暑い夏の日にゴクゴク飲むのもイイです( ´∀`)bグッ!

ロックスターライムフリーズのエナジー成分

カフェインは160mgとロックスターの中では標準的配合量。昨今のカフェインの事故などを考えるとそこまで強くする必要はないですよね。そもそももうエナジー成分で選ぶ人もそんなに多くなさそうですし・・・(;´∀`)

そのほかはいつも通りタウリン2000mg、ガラナなどが配合されています。

美しすぎるカラーリング

ロックスター ライムフリーズ
蛍光ライムグリーンに渦を巻いて雷鳴が鳴り響くようなデザインから、強烈な味を想像してしまいますが、味、成分ともにそこまで強烈ではないんですよね。でもこの見た目は強烈すぎますw

ロックスター ライムフリーズ
ライムグリーンとホワイトでストーム感が強烈ですが、それを黒で締めた上にブラックトップできっちり押さえ、プルタブがグリーンタブというまったく非の打ち所がないデザイン。発売前から早く手にしたくてたまりませんでした。実物もエナジードリンクらしさがしっかり出ていてお気に入りの1本です。

やはり手に持ってみて存在感のあるデザインやカラーリングというのはエナジードリンクの魅力のひとつでもあると思います。フリーズシリーズは特にその傾向が強いと思いますし、惹かれる人は多いんじゃないでしょうか(*´艸`*)

ROCKSTAR LIME FREEZEの関連エナジードリンク


ROCKSTAR LIME FREEZEの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について