ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT
ROCKSTAR PURE ZEROシリーズのマンゴーオレンジパッションフルーツフレーバー。
フレーバー名がやたら長いw

マンゴーとオレンジがメインフレーバーの絶品

このドギツイ缶を開けると、マンゴーの甘い香りが心地よく広がります。こんなにも濃厚な香りでゼロゼロとは・・・香りからどんな味を作り出しているのか飲む前から非常に気になります((o(´∀`)o))

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT
注ぐとその香りはさらに強くなり部屋中にマンゴーとパッションフルーツのようなトロピカルな香りが広がります。色はマンゴーフレーバーによくある少し濁りのある明るいオレンジ。

ゼロゼロということであまり期待せず飲んでみるとこれが絶品!メインフレーバーがオレンジと甘いマンゴーが絡み合い、トロピカルフルーツ風味を引き立てています。
酸味はそこまで強くないものの、甘さがしつこくならない程度に程よい酸味が効いています。ここがパッションフルーツを加えてトロピカルフルーツフレーバーとしての美味しさを実現しているのかなと。

ゼロゼロの薄さや人工甘味料の口当たりなどはほぼありません。というよりもまったくない(๑´ڡ`๑)
ピュアゼロシリーズで今回のマンゴーオレンジパッションフルーツとブルーアイスはどちらもパッケージが強烈ですが味は一級品です。

ピュアゼロシリーズの特徴は何と言っても特殊フレーバーではないフルーツフレーバーでゼロゼロの弱点を克服し、飲みごたえのある味を表現したことです。2015年にはもう新作が出ていない固定シリーズとなっていますが、こんな時代なのでパッケージリニューアルして出したらさらに売れそうなくらい、ゼロゼロを超えた美味さです(●´ω`●)

オレンジマンゴーパッションフルーツのエナジー成分

カフェインは240mgと多めの配合。この美味しさで知らない間に240mgもカフェインを摂取しているとするとちょっと怖い部分もありますね。日本のレッドブルの3倍の量です。
そのほかはタウリン2000mg、グルクロノラクトン100mg、ミルクシスル、高麗人参、ガラナなどが入っています。この黒い悪そうな感じのパッケージデザインと配合成分の内容がマッチしているように思います。日本だと危険ドリンクとしての攻撃対象になる感じw

しかし美味しすぎて一気に飲んでしまいそう・・・。味自体強すぎずこってりしすぎず絶妙なバランスで、個人的には完璧な美味しさなのですぐ飲んでしまいました。カフェインに弱い方は注意したほうがいいかもしれません。

オレンジマンゴーパッションフルーツのデザイン

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT
少し前のデザインになるのでやや古さも感じますが・・・。プリント技術や色選定の問題でしょうか。アウトラインが黒でボケてしまっていたりグラデーションがやや甘い気がします(^_^;)

2014年以降ロックスターのデザイナーが変わったのか、各シリーズ新製品のデザインがガラリと変わったので今後ピュアゼロシリーズも変わる可能性に期待したいですね。さらに良いパッケージになると思います。

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT
黒いイメージやこのザラついた質感も活かしたゼロゼロの新しいデザインが見てみたいです((o(´∀`)o))
その前にピュアゼロシリーズが製造終了になるのだけは避けて欲しいですね(^_^;)

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUIT
今回レビューした旧デザインバージョンはブラックトップにオレンジのプルタブ。最近はオレンジトップにブラックタブになっています。
このブラックトップにメタリックなオレンジタブというのも素敵です(u_u*)

ROCKSTAR PURE ZERO MANGO ORANGE PASSION FRUITの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について