このサイト『エナジードリンクマニア』について

投稿日:2019年5月31日|最終更新日:2019年8月 5日

このサイト『エナジードリンクマニア』について
エナジードリンク総合サイト『エナジードリンクマニア』は日本初・日本最大のエナジードリンク情報を扱う総合情報サイトです。

日本発売のエナジードリンクだけでなく世界中のエナジードリンクのレビュー、現地情報やエナジードリンク業界に関するコラム、日本・海外の最新ニュースからセール情報まで幅広く取り扱っています。

当サイトの主なコンテンツ

エナジードリンクのレビューについて

当サイトのメインコンテンツにもなっているエナジードリンクレビュー。日本だけでなく世界中のエナジードリンクを取り扱うのが特徴です。

世界のエナジードリンクを取り扱う海外でも珍しいサイト

日本のエナジードリンクシーンは完全にガラパゴス状態。メーカーもエナジードリンクの世界を知らないまま発売したと思われる商品がほとんどで、サイト立ち上げ時には海外の歴史あるエナジードリンクブランドは必ず掲載しなければいけないと考えていました。

実際に現在もほとんどのレビューを海外のエナジードリンクが占めていて、国内のエナジードリンクはレッドブルとモンスターエナジーが独占しすぎている感が強いですね。エナジードリンクを語る上では世界規模で取り組むことが大前提とも言えます。

レビューについて

レビューは味、成分、デザイン、商品コンセプトやこれまでの歴史や飲み比べなど商品に応じて書いています。味に関しては飲んでいなくても味が想像でき、実際飲んだらレビューと同じように感じた、と思ってもらえるように心がけています。

エナジー・ドリン君ひとりで運営しているからこそ一貫したレビュー内容と表現を維持できるため、いくつかのレビューを読みながら飲むことを続けていると、ある商品を飲んでいなくても味のイメージがしやすくなるのではないかと思います。

関連記事

コラム記事について

一般的に「エナジードリンクは危険」、「栄養ドリンクの海外版」というイメージが強く、ネットでは危険を煽る記事が最も需要があります。そのためエナジードリンクについてググると需要のある危険を煽る記事が最初に出てくるようになっています。

実際は危険なものではないため、正しいエナジードリンクの知識を説明する記事や、奥深いエナジードリンクの世界に関する記事などをまとめています。

さらに海外を含めたエナジードリンクシーンの知識や経験に基づいた様々なコラムを書いていて、エナジードリンクの世界にハマるたびに面白いと思ってもらえるはず。

関連記事

海外エナジードリンク紀行について

エナジー・ドリン君は自ら海外へ行きエナジードリンクを現地で買うことを大切にしています。現在はネットが発達したこともあり、現地のことを知らずとも日本にいながらにしてエナジードリンクを手にすることができますができるだけ現地調達を比率を高めています。

元々アメリカに住んでいた頃、モンスターエナジーやロックスターが発売してじわじわと人気を得てきた時代に現地で飲んでいた生活の一部だったため、その楽しみがないと趣味として刺激がないというのもありますが(;´∀`)

どんな国でどんな店でどんな陳列で売られているのか、エナジードリンク自体の人気を感じられる国なのか、など現地に行くと感じられる楽しさがあり、それを伝えられたら良いかなとエナジードリンク紀行を書いています。

エナジードリンクを買うことを目的のひとつとして海外に行く人は世界的に見ても少なく、知り合いではEUのひとりだけです。同じ国にいるときは食事に行くこともある仲で、やはり現地に飛ぶ人との会話は面白いですよ。

関連記事

サイト運営を始めたっかけ

アメリカに住んでいた頃にエナジードリンクをよく飲んでいました。帰国後しばらくするとモンスターエナジーが日本全国で購入できるようになり、量が少ない(アメリカよりも)のに200円は高いなと敬遠していたのですが、久しぶりに飲むとこれがまた美味しくて・・・。帰国後もエナジードリンクにハマってしまったのが2012年。

エナジードリンクにまた興味が湧いてきたので、最近のエナジードリンクはどんな感じなのかな~?とネットで調べてみると、「エナジードリンクでご飯を炊いてみた」とか「ゲテモノ料理を作ってみた」とか「全部混ぜてみた」とか「死にかけた」とか、完全にネタ扱いされていることにショックを受けました・・・。

自分がアメリカでダンスシーン、HIPHOPシーン、エクストリームスポーツシーンの知り合いと楽しんでいたエナジードリンクのイメージとは全く違う状況がネットに広がっていたのです。

そこでエナジードリンク自体を本来のクールでかっこいいイメージそのものとしてもっと楽しむための情報発信をしよう!!とサイトを立ち上げました。真面目に味、成分、商品のコンセプトやデザインなどをレビューし、エナジードリンクの世界を知ってもらう日本初のサイト『エナジードリンクマニア』が誕生したのが2013年6月頃。

ひとりのマニアがのめり込んだ趣味を本気でネットで表現するサイト

2000年前後に数多くあったマニアックな個人サイト。自分の足で情報を集め、考察し、多くの経験を元に作られた濃厚で深い個人サイトたちは当時インターネット上でとても貴重な情報源でした。

今では無料Hpスペースサービスの停止などの煽りを受けてほとんど消えてしまいました。あの時代の、純粋に自分がのめり込んでいる趣味の情報を形にしていたホームページを、今エナジードリンクマニアで改めて再現したかったのもあります。

参考サイト

エナジードリンクマニア個人が限界までエナジードリンクを楽しむサイト

エナジードリンク総合サイト「エナジードリンクマニア」は個人がひとりで活動、運営するサイトであり、マニアが好きなものをことん追求した結果がそのままサイトへ反映される形となっています。

プレスリリース系サイトなどでは深掘りできないマニアならではの知識、経験、切り口、表現方法によって日々濃度の高いサイトへ進化しています。

関連記事

エナジードリンク界のパイオニアとして

エナジードリンク総合サイト「エナジードリンクマニア」を立ち上げる前はエナジードリンクに関する詳しいサイトはひとつもありませんでした。危険だと煽ったり、面白半分でネタでエナジードリンクを弄んだりするような内容のネット記事はたくさんありましたが・・・。

そこでエナジードリンク総合サイト「エナジードリンクマニア」を立ち上げ、SNSでも活動することより、エナジードリンクをゲテモノやネタとして話題にするのではなく、純粋に楽しむ「趣味」としてエナジードリンクを好きになる人を増やすことに成功しました。現在地球規模で見てもこの手の人口は日本が一番多い、逆に多すぎるくらい増えています。

サイトは国内・海外のエナジードリンクシーンについて、様々な各国のエナジードリンクの味や商品レビュー、ブランドの解説など、エナジードリンクのバイブルとして多く活用してもらっていると自負しています。

エナジードリンクマニアを立ち上げていなかったらこのような小さなマニアの世界は出来上がっていなかったと言っても過言ではないでしょう。

運営から数年経ち今ではメーカー様、各種メディア様、そしてファンとして応援してくださる方々の協力もあり、サイト規模は拡大し続けています。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram