BIG SHOCK ENERGY GOLD

投稿日:2015年10月28日|最終更新日:2019年11月24日

BIG SHOCK ENERGY GOLD
チェコを代表するエナジードリンクブランド、BIG SHOCKのゴールド。オリジナルとツートップでBIG SHOCKを支える定番商品です。

チェコ以外の国での販売やコラボ缶発売の際はゴールドも採用されることがほとんどです。

メーカーBIG SHOCK
原産国チェコ
価格200円

王道ケミカル系フレーバー

開栓すると酸味のある王道系の香りが吹き出します。
BIG SHOCK ENERGY GOLD
中身の色はエナジードリンクの王道系カラー。商品名のゴールドそのままの色ですね。ゴールドはオリジナルとは違い炭酸入りです。

味はまさにケミカル系王道フレーバー。ロックスターを優しくしてレッドブルの面影を残したような安定感のある味。

甘味・酸味・ケミカル・香りすべてのバランスが整っているので、特別感じる雑味、ムダな風味がまったくありませんが、逆に言えば特徴もありません。

特に近い味のロックスターオリジナルとはフレーバーの差があまりなく、目隠しして飲んだらロックスター常飲者でない限り違いに気づかないでしょう。良く言えばエナジードリンクらしい安定した美味さ、悪く言えばパクリすぎて特徴がない、そんな感じです(^_^;)

BIG SHOCK ENERGY GOLDのエナジー成分

カフェイン160mg、タウリン2000mgのオーソドックスなエナジー成分構成で、他には特に目立つ成分はありません。
BIG SHOCK ENERGY GOLD
2001年から続く歴史あるエナジードリンクブランドですからレッドブル同様にエナジードリンクブランドとして確立していて特殊成分、特殊素材をアピールせず続けられているところは素晴らしいと思います。

BIG SHOCK ENERGY GOLDのデザイン

BIG SHOCK ENERGY GOLD
ゴールドを飲む前はこのデザインを見ながらどんなフレーバーなのかな?と思っていましたが、この泡は炭酸をイメージしているのかもしれないですね。BIG SHOCKのオリジナルは無炭酸なので。

GOLDはチェコ以外の国で展開する際にもオリジナルと一緒に販売されるなど、BIG SHOCKには必須の商品です。
BIG SHOCK ENERGY GOLD
限定デザインやキャンペーン缶、コラボデザイン缶などオリジナルとともにゴールドでも展開されています。

しかし最近はデザインがフレーバーごとに色違いの共通デザインに統一されてしまい、「炭酸をイメージしているのかも!?」というような妄想を掻き立てる遊びがなくなってしまいました。
BIG SHOCK ENERGY GOLD
元々BIG SHOCKはデザインが個性的で面白かったのに・・・。個人的にデザインリニューアルは失敗なんじゃないかと思っています。

タブはBIG SHOCKカラーのゴールドタブ。
BIG SHOCK ENERGY GOLD
各フレーバーのデザインがバラバラでも、ベースカラーの黄色とタブが統一されていて絶妙なブランド力を感じられたBIG SHOCKですが、前述のようにデザインがすべて同じになってしまうと特別感が逆に薄れて手抜き感に感じられてしまいます。またいつか個性的なデザインへ挑戦してくれると嬉しいです。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram