範馬勇次郎エナジードリンク

投稿日:2015年10月16日|最終更新日:2017年9月22日

範馬勇次郎エナジードリンク
刃牙エナジードリンクと同時に発売された範馬勇次郎エナジードリンク。パッケージが強烈すぎます!今までのコラボ系エナジードリンクの中でこんなパッケージのエナジードリンクはなかったですよねΣ(´∀`;)

味は最悪、刃牙と同じ

範馬勇次郎エナジードリンク
想定はしていましたが、中身は刃牙エナジードリンクと同じでした。このようなキャラクターものに中身を期待してはいけないのですが、2種類しかないのでキャラクターに合う味にしてくれたら面白いのですね(;´∀`)

しかも味は刃牙エナジードリンクと同じなので当然辛い刺激が異常に強く、同じくほとんど飲めずじまい。

範馬勇次郎エナジードリンクを飲んでみて、栄養ドリンク要素が強いなとより実感できました。エナジードリンクは美味しさの重要度がかなり高いジュースなのでこの点は栄養ドリンクとは全く違うところなんですよね。

範馬勇次郎エナジードリンクのエナジー成分

成分は刃牙と同じなので簡単に書いておくとカフェイン135ml、アルギニン300mg、ガラナ、マカが配合され、香辛料がひどく強い仕様になっています。

この辛さが弾けているので飲む前に鼻をやられないように気をつけること、飲んだ時のゲテモノ味にも気をつけること、この辺ですね注意点は。

こんなエナジードリンクは日本になかった

範馬勇次郎エナジードリンク
刃牙・範馬勇次郎エナジードリンクともに味については不味すぎてそれ以外書くことがありません。

しかし範馬勇次郎エナジードリンクの場合はこんなエナジードリンクの缶は今まで日本になかったんじゃないか、と思うんですよね。ドアップで見てみてどうでしょう。こんなインパクトのあるエナジードリンクは範馬勇次郎以外ないはずです。

缶全体に詰め込めば良いとかゴチャつかせれば良いのではなく、誰が見ても目を惹いて注目を集めるところが重要だと思います。

海外ではリミテッド系などでかなりインパクトの有るデザインのエナジードリンクが出ていたり、ブランドイメージがインパクトのあるデザインだったりするエナジードリンクもありますが、これは日本だからこそできたパッケージで、意外と実物を手にとって見ると面白かったですw
最初は『何だまたコラボ系か・・・』としか思ってなかったんですけどね。

これくらいインパクトの有るデザインを施したエナジードリンクが今後日本でもコンセプトをしっかり打ち立てて発売になったら面白くなりそうだなと思いました(u_u*)

もちろん味は美味しくしてもらうのが大前提で(^_^;)

範馬勇次郎エナジードリンクの関連エナジードリンク


範馬勇次郎エナジードリンクの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram