お嬢様聖水

お嬢様聖水
ネットで話題になりキオスクから一斉に消えたという、お嬢様聖水エナジードリンク。
エナジードリンクと言っていいのか?という葛藤のもとキオスクでお嬢様聖水の入荷時間を聞いてまで購入してきました(*´ェ`*)

缶を見るたびに笑いが止まらない

真面目にエナジードリンクとして観察し、意味を読み取りながら飲むたびに思わず笑ってしまうから困りました(ヽ´ω`)

お嬢様聖水は販売元が元々販売していた酵素ドリンク『お嬢様酵素』などの姉妹品のようです。エナジードリンクをお嬢様エナジーではなく『聖水』として販売したようですが、なぜこれだけ聖水として販売したのかは不明です。

味は意外とイケる!聖水美味いよ!((o(´∀`)o))

開栓するとアップルやピーチ、マンゴーのようなフルーツの香り。香りだけで言えば『飲み物』として美味しそうと期待は高まります。

お嬢様聖水
色は狙ったと思われる濁りのある黄色。どこかのサイトかブログで泡立っている画像を見かけましたがあれは狙って泡立ててるものと思われますw普通に注げばこの程度。

ただ炭酸の泡がしっかり立っていて美しいことは美しいですね・・・。しかしこの濁りや炭酸によって浮遊するかすかなカスが何とも言えません。

味はというと、フルーティーで普通にイケます。フルーツミックスと野菜ジュースに独特の香りと甘さを混ぜたような感じで、こってりやや濃厚。この濃厚な甘さはエナジードリンクを意識したものかもしれません。

そしてほんのり苦味があり、これはいくつも配合された植物発酵成分の味なのか、それとも人工甘味料独特の苦味なのか、いや聖水だからか・・・。

フルーツなどのフレーバー自体は全体的にさっぱりしていて後味だけはそこまで引きません。
しかし増粘剤が入っているので独特の甘さとともにこってり感が出ていて口の中にお嬢様の聖水が残ります(*´ェ`*)

お嬢様聖水のエナジー成分

まずお嬢様の聖水をエナジー化するために頑張って配合したと思われるカフェイン100mg、アルギニン100mg、ガラナ100mgを配合。さらっと流してしまいそうですが他社190ml缶と比べても意外と入ってることにびっくり。
お嬢様聖水
そしてお嬢様酵素ドリンク販売元ということでこのお嬢様聖水にも117の植物を含む300mgの植物発酵エキスを配合。

これらのエナジー成分によって『私の中の女神が目覚める』わけで別にお嬢様が聖水の存在を知って目覚めてしまうわけではないんですね。てっきりお嬢様が目覚めてしまうものかと(*ノェノ)キャー

お嬢様聖水
缶と聖水の取り扱い注意について読んでみると、振ったら噴きだすから注意とか、天然成分配合だから沈殿物がたまるとか書かれていて、飲みながら缶を見てるとこういう部分にも反応してしまいますよね(;´∀`)

お嬢様聖水のまとめ

総評すれば普通に美味しくのめるエナジードリンクだったかなと。
個人的にはまったくまずいとは思わず、機会があればまたお嬢様の聖水が飲みたいな((o(´∀`)o))とさえ思ってしまうほど高評価でした。

今まで適当に『エナジードリンク』と冠をつけて200円前後で販売した他社飲料が30円程度、ものによっては10円で捨て売りされてきた流れと比較すると、お嬢様聖水は在庫が一旦無くなってしまうなどここ数年のエナジードリンクブームと言われた中でもかなり異例の商品だと思います。今までネタ系、コラボ系色々ありましたがここまで足跡を残せるものはひとつもなかったでしょう。

とは言えエナジードリンクとしてではなく『ネタとして人気が出た』こと、流通量自体が少なすぎることによる一時的な品薄状態を考えれば規模としてはとても小さいので比較はできませんけどね。
しかしここまで大小メディアが取り上げたことを考えるとやはり異常です。

エナジードリンクという『世間一般のネタ飲料』という印象と、『お嬢様の聖水(エナジードリンク)を缶に詰めてみました』的な消費者イメージ(本来の商品コンセプトは違う)が相まってこの現象が起きたんだと思います(*´艸`*)

ただやはりこれがエナジードリンクなのか、と言われたらまぁなんとも言えないですが(^_^;)
ただ言えることは、今までとは違う『エナジードリンクに乗っかった』成功例になったんじゃないかってこと。

あと、外人の友達に何も言わずお嬢様聖水を見せたら『HENTAIダネ☆』と言われて爆笑しましたw

お嬢様聖水の評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について