エナジードリンクについて

ワールドクラスエナジードリンクマニアならではのエナジードリンクについての解説。他にはない濃厚なエナジードリンクの情報満載です。

米軍基地のエナジードリンク転売問題で販売中止に? 米軍基地のエナジードリンク転売問題で販売中止に?米軍基地開放イベントで販売されるエナジードリンクの大量転売や、基地関係者による基地内スーパーの転売が大きな問題となっています。場合によっては基地開放イベントでエナジードリンクの販売が中止される可能性も出てきました。

エナジードリンク紀行

エナジー・ドリン君によるエナジードリンクを探す・買う・飲む、エナジードリンクの旅やイベント体験レポート。リアルなエナジードリンクの世界を感じてください((o(´∀`)o))

バンクーバー エナジードリンクの旅2019 バンクーバー エナジードリンクの旅2019
2019年1月 6日
毎年恒例となりつつある年始のカナダ。限定デザイン缶などを買っておきたくて2019年最初の海外遠征はカナダに決めました!前回の夏の遠征では見事にまだ出回っていなかったので今回は何とか確保したいところで...

エナジー・ドリン君の妄想と考察

エナジー・ドリン君が感じたエナジードリンクや業界のことなどなど、妄想を交えて、一緒にエナジードリンクについてより深く考えていきましょう。

日本のエナジードリンク市場規模は鈍化?倍増? 日本のエナジードリンク市場規模は鈍化?倍増? 2014年のエナジードリンクブームの頃、便乗商品連発で異常な盛り上がりを見せた日本のエナジードリンク市場。 あれから4年、2018年は何度もエナジードリンク市場についてのニュース記事がでていたのでこ...

リッチエナジードリンク

エナジードリンクをさらに美味しく飲むために少しアレンジしてみました(*ノェノ)見た目キレイで美味しいのが絶対条件!

コーヒーモンスター&アイスクリーム コーヒーモンスター&アイスクリーム 毎日コーヒーモンスターを飲んでいるので、ちょっとアレンジしてみようかなと思ったのがきっかけ。JAVAモンスターのように甘すぎないので温めてアフォガートのようにしてみようかと思ったけど、コールド専用と...

エナジードリンクコンテンツ

アメリカ&海外のエナジードリンク事情

世界各国さまざまなエナジードリンクが販売されていますが、やはり気になるのはアメリカのエナジードリンク事情ではないでしょうか。 実際世界のエナジードリンクマニアたちを見ても圧倒的にアメリカのエナジードリンク、とりわけモンスターエナジー、ロックスターの人気はトップクラスです。 実際にアメリカの各エリアに行くことでわかるアメリカ現地のエナジードリンク情報やそのほか海外のエナジードリンク事情はエナジー・ドリン君のエナジードリンク紀行を御覧ください。


エナジードリンクのフレーバー一覧(18種類)

世界のエナジードリンクを各フレーバーごとに分類。日本ではあり得ないほど豊富なフレーバーが当たり前の幅広いフレーバーから好みのエナジードリンクに似たフレーバーを選んだり、飲んでみたいエナジードリンク選びの参考にどうぞ。

機能性エナジードリンク

エナジードリンクの成分によって機能性を高めて差別化されたものを分類。

エナジードリンクとエナジードリンクマニア

エナジードリンクとは?簡潔明解に定義

  • エナジードリンクマニア
  • エナジードリンクとは
最終更新日:2019年1月22日

エナジードリンクとは
エナジードリンクとは、と調べると『炭酸がありカフェインやビタミン、アミノ酸が入った清涼飲料水』と書かれることが多いですが実際はそうではないことも多く、ここで世界中の多くのエナジードリンクを飲んできた エナジードリンクマニア、エナジー・ドリン君がはっきりと「エナジードリンク」を定義しておこうと思います。

エナジードリンクとは

  • 『エナジードリンク』とパッケージ等に表記されている
  • 配合成分に決まりや定番成分などの決まりはない
  • 価格が高いかどうかは関係ない
  • 清涼飲料水だろうが医薬部外品だろうが関係ない

『エナジードリンク表記』があればすべてエナジードリンク

エナジードリンク表記

エナジードリンク表記エナジードリンク商品にはそれぞれ『エナジードリンク』と表記されています。日本語だと『エナジー飲料』や『エネルギー飲料』などもそうですね。これが書かれていれば緑茶だろうがコーヒーだろうがすべてエナジードリンクの枠に入ります。

今までエナジードリンクと書かれていたものが、商品リニューアルとともに一切エナジードリンクと表記しなくなった日本のライジンはエナジードリンクではなくなります。

カフェインやタウリンばかり目立つエナジー成分

エナジー成分エナジードリンクと表記されていれば配合成分に決まりはありません。モンスターエナジーも過去にカフェイン無配合のエナジードリンクを発売していますし、最近はタウリンフリーを売りにしていたり、国ごとに定められた条件をクリアしオーガニック認定を受けたエナジードリンクも数多くあるんです。

エナジードリンクは危険な成分というイメージがなぜか定着していますが、実際はそうでもないことは缶裏の成分表記を見ればよくわかります。砂糖はコーラなど一般の炭酸飲料とほぼ同じ、カフェインはコーヒー1杯とほぼ同じ。ぜひ一度裏面を見てみてくださいね。

エナジードリンクと栄養ドリンクの違い

現在は発売まで通常の飲料としての手続きで済む清涼飲料水で販売されているエナジードリンク。一方で日本に昔からある栄養ドリンクは配合成分の関係上、発売までに手間のかかる手続きが必要な医薬部外品で発売されています。

そのためエナジードリンクは清涼飲料水、栄養ドリンクは医薬部外品、と区別されて解説されていますが、最初に書いたとおり『エナジードリンク表記』があればエナジードリンクとして認識されるとなると、医薬部外品商品に『エナジードリンク表記』があればそれもエナジードリンクとなるでしょう。製造サイドが医薬部外品でわざわざそう意図することはまずないと思いますけどね。
⇒エナジードリンクと栄養ドリンクの違い

エナジードリンクマニアについて

日本最大総合サイト『エナジードリンクマニア』はエナジードリンクの味、香り、色、缶のデザイン、シリーズ展開、継続的なプロモーション活動など色々の面からエナジードリンクにのめり込んでいくためのサイトです。エナジードリンクはただのジュースではなくもはやアートです(*´ェ`*)

最近エナジードリンクを知った人から本気でエナジードリンク沼にどっぷりな人まで楽しめる、マニアックな情報のすべてをワールドクラスエナジードリンクマニアのエナジー・ドリン君が用意しています。

そして『エナジードリンクマニア』という総称が、『これ超ヤバイ!効く!マニアだから毎日○本飲んでるぜ!!』のようなイメージではなく、『純粋にエナジードリンクの全てを愛している人たち』というイメージになったらいいなと思っています。