ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019

投稿日:2019年12月13日|最終更新日:2019年12月13日

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
エナジードリンクマニア初のベトナム遠征です!今回はベトナムの経済都市、ホーチミンでベトナムのエナジードリンクを狩っていきます。

ホーチミンの街を巡ってみる

ホテルの下にコンビニがあったので見てみると、モンスターや東南アジア系のエナジードリンクが揃っていました。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
モンスターエナジーはローカル系エナジードリンクの倍以上の値段でした。これは高すぎますねw
とりあえず観光のついでに見つけたらどんどん入っていきましょう。今回はモンスターエナジーのミュータント2種をゲットできれば良いかな~。

ホーチミンはどこも渋滞が激しく、バイクに乗っている人は皆タオルを顔に巻いていることがほとんど。スマホいじってたり面白いです。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
旅行者は徒歩の移動は避けて配車アプリの「Grab」で車を呼ぶのが良さそうです。バイクの後ろに乗れて安い「Grab bike」もありますが、あれはちょっと無理かな(^_^;)

ホーチミンを一望できるタワー、サイゴンスカイデッキへ。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
ここがベトナムということを忘れるような高層ビル群が立ち並びます。

とは言え街なかは大量のバイクが走り空気が汚れていて屋台、市場、古いアパートや平屋が並ぶなど、発展するエリアとのコントラストが面白いカオスな東南アジアを楽しめます。

今回は屋台やローカルすぎるローカル飯は食べず、インスタ映えしそうなちょっと洒落た店でベトナム料理を楽しみました。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
店内はエキゾチックでお洒落な雰囲気が感じられて良かったです。超高級で画一的な店よりもちょっと小洒落た感じの店が好きです。屋台系ローカルフード、フードコートなどはまた次回に。

街歩きと狩りへ

大きめの観光スポットと買い物をしたかったエリアは一通りまわれたので散策しながら狩りへ行きましょう。

コンビニはサークルKがやたら多い感じ。どこに行ってもとりあえずサークルKです。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
このときサークルKでは新発売になったコカ・コーラエナジーの記念セールをやっていました。

今回手にしたかったミュータント2フレーバーが揃っている店は少なく、どちらかが置いてある店が多い印象。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
しかもミュータントを置いてる店自体そんなに多いわけではなさそうです。減ってきたのかな?価格はモンスターエナジーよりも安くローカル系とほぼ同じ廉価版飲料という感じ。モンエナ価格じゃ売れないんでしょうね。

HOT6はどの国にもありますね。ベトナムでは韓国からのインポート品ですが普通に国産品と一緒に置かれています。そういえばSTINGも東南アジア各国で地道に頑張ってますよね。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
日本は商品を使い捨てにせず大事に育てて海外に広げてほしいですね。「国内だけで1年売る分だけ作って終わり」はロマンがなさすぎます。

せっかくだからベトナムのセブンイレブンにも行ってみたい、ということでようやく1軒だけ辿り着きました。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
エナジードリンクトラベラー御用達のコンビニ!

なぜか入り口にサンダルが脱いでありましたΣ(´∀`;)
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
海外は不思議がいっぱいです。

店内でエナジードリンクを探すと・・・。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
なぜかアメリカのレッドブル・パックマンエディションがありました。インポート品です。たまにこういうことがあるから面白いですよね。国外のレッドブルを見たのはこの店舗だけでした。

Grabが安く便利過ぎて観光が楽です。大気汚染や暑い気温もあり、10分歩くならGrabですね。ゆっくり歩いて町並みを感じよう、とは思えない環境。これまで狩りで入ったのはコンビニばかりだったので遠くにある大型スーパーにも行ってみることにしました。

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
日本のスーパーに似ていてきれいな店内と充実した食品在庫、上の階には生活用品、衣類、フードコート、ゲームセンターなど充実。30年くらい前のジャスコスタイルですね。

エナジードリンクは在庫陳列。コンビニでもそうですがSTINGがやたら強い。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
どこにでも必ず缶とペットボトルがあります。ここにモンスターエナジーはありませんでした。

正直ベトナムでモンスターエナジーに需要があるのか微妙な感じ。フレーバーが充実していれば別ですが個人的にはSTINGで十分かな。てことでミュータントが生まれた(この表現お気に入り)ようなんですが面白いですね~。現地に行くと色々発見があるのでぜひ。

夜もずっと楽しめるホーチミン

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
暗くなってきました。帰宅ラッシュ?中心エリアは大混雑です。

夜のブイビエン通り。
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
実はここに来る前にディナーを終えていたので今回は軽く散歩程度に。ポツポツとコンビニがあるので入ってみましょう。

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
そしてミニストップでようやくモンスターエナジーのウルトラを発見。

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
ないなぁと思ってコンビニ巡りをして遂に、という感じ。結局この店にしか置いていませんでした。しかし横の方に追いやられてる感、悲しいですね(^_^;)

別の日の散策では全国チェーンのコンビニのほかに、ローカル食料品店にも行ってみました。そこでサムライ・ペットボトル版を発見。2フレーバーしっかり揃っていて運が良かった!
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
そして濃厚な東南アジアカラーが眩しいですね~!!これもここだけでしか見かけませんでした。低価格でしっかりローカルに馴染んでる感じ。1本40円です。

そしてようやくミュータント2種類が揃っていてそれっぽく撮れる店を発見。ここは他店と違い海外かぶれ感出てる陳列ですね~(*´艸`*)
ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019
こんなにモンスターエナジーのある店は多くなかったです。右端のコカ・コーラエナジーはミニサイズ250ml缶。というわけでこんな感じでホーチミンの狩りは無事終了。

初めてのホーチミンでしたが充実した時間を過ごせました。今回の旅で狩りはほとんど終えられたし次回からはもっと観光に時間を充てられると思うので、また近いうちに行きたいと思います。次回は東南アジア特有の最新巨大ショッピングモールも満喫したいなぁ。

ベトナムはエナジードリンクの種類がそれほど多くないので帰国時の荷物肥大化も抑えられ、ライトな狩りを楽しみつつ観光メインにカオスなアジアを感じられてオススメです!

ホーチミン(ベトナム) エナジードリンクの旅2019の関連記事


この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram