ZONeエナジードリンク(20種類)

最終更新日:2022年6月26日

ZONeエナジードリンクのレビュー一覧

  • ZONe COLD SLEEP
    みんなの口コミ・感想(4)
    2022年5月10日発売、日本の不快な夏を吹き飛ばす瞬間冷凍凍結デザインがクールなZONe COLD SLEEPが登場。この見た目は反則レベルのカッコよさでし...
  • ZONe QUICK BOOST Utopia
    みんなの口コミ・感想(1)
    自動販売機の小さなZONe、クイックブーストシリーズに2022年4月5日からユートピアが加わりました。 エナジーゼリーのZONe ENERGY GEAR Ut...
  • ZONe TOUGHNESS ウマ娘コラボ
    みんなの口コミ・感想(5)
    2022年2月15日発売、ウマ娘コラボのZONeタフネス。2月15日に8種類のデザインが発売され、3月1日にさらに8種類のデザインが追加発売となり全16種類の...
  • ZONe INVISIBLE SNIPER
    みんなの口コミ・感想(4)
    2021年12月14日発売、迷彩柄のZONe INVISIBLE SNIPER(インビジブルスナイパー)です。Call of Duty Mobileとのコラボ...
  • ZONe ENERGY GEAR Utopia エナジーゼリー
    みんなの口コミ・感想(0)
    ZONeエナジードリンクのゼリー飲料シリーズ、ZONe ENERGY GEARのトロピカルフルーツフレーバー、ZONe ENERGY GEAR Utopiaで...
  • ZONe ENERGY GEAR エナジーゼリー
    みんなの口コミ・感想(0)
    2021年11月30日発売、ZONeエナジードリンクのゼリー飲料、ZONe ENERGY GEARです。ちょっと小腹がすいたときのエナジーチャージに最適かも!...
  • ZONe graffiti holic
    みんなの口コミ・感想(5)
    2021年10月26日発売、ZONe graffiti holic(グラフィティホリック)です。4人のアーティストによる4つのコラボデザインで登場。...
  • ZONe Infinity Gate
    みんなの口コミ・感想(3)
    2021年8月31日発売、ZONeエナジードリンクシリーズの新作、真っ白なZONe Infinity Gate(インフィニティゲート)です。 缶正面には商品名...
  • ZONe QUICK BOOST
    みんなの口コミ・感想(3)
    2021年7月、エリア限定の自動販売機※で先行販売となったZONeのショート缶、ZONeクイックブースト。商品名「クイックブースト」に掛けてバージョンが「0....
  • ZONe Trance
    みんなの口コミ・感想(0)
    2021年6月15日発売、ZONeエナジードリンクシリーズ夏の新作ZONe Tranceです。黄色とグリーンのグラデーションが目立つパッケージ、どんな味なので...
  • ZONe エナジードリンク Ver. 2.0.0
    みんなの口コミ・感想(0)
    2021年6月にVer. 2.0.0にメジャーアップデートしたZONeエナジードリンクのオリジナル。パッケージデザインが変わり、エナジー成分が強化されました。...
  • ZONe エナジードリンク Ver. 1.3.9
    みんなの口コミ・感想(0)
    ZONeのオリジナルのバージョンが1.0.0から1.3.9へバージョンアップ。主にカフェインとアルギニンが僅かに増えました。バージョン1.3.9はオリジナルだ...
  • ZONe mad hacker
    みんなの口コミ・感想(4)
    2021年4月27日発売、ZONeエナジードリンクの6フレーバー目となるZONeマッドハッカー。 コードが書かれた画面を背景にしたまさに「デジタルパフォーマン...
  • ZONe Ver. PS5 PlayStation5エディション
    みんなの口コミ・感想(2)
    2021年3月16日発売、ZONeエナジードリンクとプレステ5のコラボモデル、「ZONe Ver. PS5 PlayStation5エディション」です。 白と...
  • ZONe Utopia
    みんなの口コミ・感想(3)
    サントリーの「デジタルパフォーマンスエナジー」オタクシーン向けエナジードリンク、ZONeの5フレーバー目となる「ZONe Utopia(ユートピア)」が202...
  • ZONe Unlimited ZERO
    みんなの口コミ・感想(3)
    ZONeエナジードリンクの2020年12月新作、アンリミテッドゼロ。商品名からもわかる通り、カロリーゼロ・シュガーゼロのゼロゼロ系エナジードリンクです。 20...
  • ZONe DEEP DIVE
    みんなの口コミ・感想(2)
    サントリーのZONeエナジードリンクシリーズ第三段、青いグラデーションが美しいZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0です。この青い缶からどんな味が出...
  • ZONe FIREWALL
    みんなの口コミ・感想(4)
    β版を経て2020年「Ver.1.0.0」として正式販売されたZONeエナジードリンクとともに同時発売となった赤いZONe FIREWALL。ロゴも商品名もデ...
  • ZONe エナジードリンク ver.1.0.0
    みんなの口コミ・感想(1)
    サントリーから正式バージョン「ver.1.0.0」として発売されたZONeエナジードリンクオリジナル。2019年に発売されたβ ver.0.8.5からver....
  • ZONe エナジードリンク β ver.0.8.5
    みんなの口コミ・感想(0)
    2020年にサントリーから正式発売されるデジタルパフォーマンスエナジー、『ZONe エナジードリンク β ver.0.8.5』。商品名からわかるとおり、正式版...

β Ver. から発売されたサントリーのデジタル系エナジードリンク

エナジードリンク ZONe
これまでのエクストリームスポーツなどを中心としたエナジードリンクとは異なる、「デジタル世代に向けた超没入エナジードリンク」ということでサントリーから発売されたデジタル系のエナジードリンク。eスポーツをはじめとしてデジタルとの親和性を高めて訴求しています。

2019年12月6日に、正式発売前のβ版がアマゾンや大学生協などで先行販売されました。

このイメージ動画からもわかるとおり、これまでのエナジードリンクの世界とは違う、所謂オタクシーンを中心にターゲットを絞ったマーケティングを展開していくことが考えられ、ツイッターを中心に徐々に認知度を上げていきました。

2020年、ZONeエナジードリンクが全国販売開始

2020年、バージョンを1.0.0として全国でZONeエナジードリンクが発売されました。さらに赤いZONe FIREWALLが同時発売になったことは、発売初日から店頭で大きく目立ち存在感をアピールすることができたと言えるでしょう。まさにサントリーパワー。独立系エナジードリンクブランドには絶対にできません。

500mlの謎の黒と赤のエナジードリンク、どうやっても目立ちますよね。

さらにZONeエナジードリンクのキャラクター、擬人化などがツイッターを中心に広がりました。
エナジードリンク ZONe
多くのフォロワーを持つイラストレーターなどがプロモーションの一環としてZONeのイラストを上げて拡散したり、同時にコンテンストまでやってしまったり、発売直後からオタクシーンに一気に広がったのは見事なやり方でした。

エナジードリンク ZONe
さらにデジタル系に身近なところで多岐にわたって行われていたプロモーションもこれまで「いくつものエナジードリンクを発売しては1年以内に終売にする」で有名だったサントリーとはまったく違いました。

これまでデジタル系分野に直接訴求することのなかった枠にZONeエナジードリンクが完全にハマったと言っても過言ではないでしょう。

ひたすら新商品を連発するZONe

3フレーバー目の青いZONe DEEP DIVEが発売され、店頭で500mlの黒、赤、青のエナジードリンクが並ぶわけです。目立ちますよね。味もカルピスサワーのような味で飲みやすいと評判。

ツイッターのほか、エナジードリンクとは関係のない大手メディアも発売日に取り上げるなどネットでは特に話題になったと言えます。

コスパの良い大容量エナジードリンクが定着

この時点で、500mlのビッグサイズで約200円という日本のエナジードリンクとしてはコスパの良い商品が揃い始めたことで、エナジードリンクを飲むなら量の多いZONeを買う人も少なからず出てきたのではないと想像します。

新商品発売を連発しすぎる傾向に

そしてレビュー一覧を見ていただくとわかる通り、ZONeは破竹の勢いで新商品を連発していきます。

一方で新商品が出過ぎたこと、ほとんど同じような味を連発したこともあり、エナジードリンクファンの中には新作疲れを起こす人もチラホラ見かけました。新商品発売やコラボ等でひたすら話題を繋ぎ続ける印象が強くなっていきます。

コンビニなど売り場面積の限界に達した多くの店舗ではたくさんのフレーバーを置ききれずオリジナルと新作の2種類体制で発注している店舗が多い気がします。印象としては種類を出しすぎている感じ。ドン・キホーテなど売り場面積に余裕のある店舗には潤沢に全フレーバーが置かれていることが多いです。.

終売が始まる一方で同時発売する種類は国内最大に

2022年になると公式サイトで終売の表示が出るようになりました。2022年2月現在ZONe TranceZONe mad_hackerZONe Firewallの3フレーバーの終売が掲載されていました。

トランスに関しては2021年6月発売ですから半年ちょっとで終売になった短命商品でした。とは言え、この時点でゼリー飲料を含めて11種類が販売されているわけで、店頭に全てが揃っていないとは言えここまで同時に継続販売しているブランドは日本にはありません。

販売数が多いかは別として、ZONeシリーズは国内で最もフレーバーが豊富なエナジードリンクブランドになったわけです。

ZONeシリーズの深堀りコンテンツ


ZONeの成分と飲み過ぎの量をまとめてみたZONeの成分と飲み過ぎの量をまとめてみた