ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19

投稿日:2021年8月11日|最終更新日:2021年9月25日

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
2021年7月、エリア限定の自動販売機※で先行販売となったZONeのショート缶、ZONeクイックブースト。商品名「クイックブースト」に掛けてバージョンが「0.9.19(クイック)」になっているところが面白いですね。

※1都9県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟、山梨)2021年9月より全国の自動販売機で発売。

メーカーサントリー
製造国日本
価格140円
王道系

濃密なZONeオリジナルフレーバー

開栓するといつもどおりのZONeオリジナルの香り。500ml β verから何本飲んできたか・・・。中身の色も王道系らしい黄色です。
ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
口に含むと濃密で甘酸っぱい王道系フレーバー。ZONe独特のケミカルな香りが鼻に残り続ける濃厚な味わい。通常のZONeオリジナルとほぼ同じ味が楽しめます。

クイックブーストは通常版ZONeよりも若干トロトロした舌触りがあり甘味と香りが濃厚。エナジー成分だけでなく味も香りも240mlに濃縮した少し濃いめのZONeオリジナルフレーバーに仕上がっています。

味や成分、飲みごたえの濃縮感など、モンスターエナジーM3に似た感じの商品になるのかな。

M3と比べるとクイックブーストは240mlもあるのでショット感覚で飲むにはちょっと多い気もしますが、喉の乾きを潤したり飲み物としての満足感を得るには丁度よい量ですよね。

個人的にZONeオリジナルの濃さで500mlは多すぎて飲みきれないので、今回のクイックブーストのサイズ感は良かったです。価格は自販機で140円(160円のところも多かった)でした。コスパ重視でZONeオリジナル500mlを買う人にとっては割高になりますね。

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19のエナジー成分

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
カフェイン75mg、アルギニン480mg配合。240mlサイズの標準的な配合量です。

普段500mlのロング缶をゆっくり時間をかけて飲んでいる人でも、240mlのクイックブーストならすぐ飲めていつもより早くエナジー成分を摂取できる、そんな感じの商品ですね。

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19のデザイン

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
ZONeエナジードリンクVer. 2.0.0のデザインと同じ電源ロゴ、プラズマ?のような光、「QUICK BOOST」のところには青白い電流が光ります。

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
今回のクイックブーストは普通に自販機で売っているものの「ベータバージョン」ということで、シルバートップが採用され缶上部には「β Ver. 0.9.19」と記載されています。これが正式リリースのような運びになると「Ver. 1.9.19」になるのでしょうか?それとも売れ行きが悪ければこれで終了かな?

ZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19
Ver2.0.0と並べてみると、プラズマの色が違うんですね。それにしてもZONeの新しいロゴ、目にしか見えなくなってくるのはドリン君だけでしょうか・・・(^_^;)

クイックブーストの飲みやすいサイズ感

240mlのミニサイズを飲んでみて、ZONeの濃い味・香りだとこれくらいの量が丁度よいかなと。

1本飲んだときの一度に摂取する炭水化物量、摂取カロリーなども考えるとミニサイズのクイックブーストは手に取りやすいと感じる方も少なくないんじゃないかな?クイックブーストを飲んでみて個人的にも500mlはちょっと多くて飲みきれないかもと改めて感じました。

とは言えZONeシリーズは大容量で約200円というコスパの高さから選ばれる部分は当然大きいと思うので、半分以下の240mlサイズが150円前後と割高感がある部分を消費者がどう捉えるのか気になるところですよね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのZONe QUICK BOOST β Ver. 0.9.19の味・成分の感想・評価

サムライ :2021年8月12日 13:53

★★★

味はゾーンのまま、カフェインも少ないし、コスパで言えばそんなに良くないから普通のゾーン買います。クイックブーストが人気出るとは思えないですね。

がぶ飲み :2021年8月28日 12:30

★★★

ZONeは500mlだからこそ価値がある!

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram