1241
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
364
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

WIRED ENERGY X344

投稿日:2024年2月15日|最終更新日:2024年2月15日

WIRED ENERGY X344
アメリカの老舗エナジードリンクフランド「WIRED」のオリジナル、WIRED ENERGY X344です。

2007年にカフェイン配合量強化のためリニューアルされ現在も販売が続く歴史ある高カフェイン配合エナジードリンクのひとつです。

WIRED ENERGY X344の基本情報

メーカーUnique Beverage
製造国アメリカ
価格(購入時)1.65 USD
薬品・ケミカル系
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

WIRED ENERGY X344の味

開栓すると酸味を感じるケミカルフレーバーらしい香りが吹き出します。中身もビタミンBを感じる明るい黄色。何となくどんな味か想像できるのではないでしょうか?では飲んでみましょう。
WIRED ENERGY X344の味
口に含むと酸味際立つケミカルフレーバーが広がります。糖分は多めに含まれていますが甘味は少なく、ロックスターオリジナルに近い正統派のケミカル風味が楽しめます。

口当たりはクリアで糖分51gも配合されているとは思えない軽い飲み心地。そのためしっかりした薬品臭が残り飲みごたえがある一方で、喉越しは軽やかにスッと飲めるのがWIRED ENERGY X344の特徴です。

ほぼロックスタークローンとも呼べる味わいで、アメリカでケミカルフレーバーを楽しむならWIRED ENERGY X344もオススメです。

WIRED ENERGYシリーズは価格がやや安め設定であることと超高配合カフェインが選ぶ理由となりますが、ここ10年ほどは地域によってほとんど流通していないのが難点。近所に取扱店舗があれば幸運といった感じです。

WIRED ENERGY X344のエナジー成分

WIRED ENERGY X344のエナジー
カフェイン344mg、タウリン2900mg、イノシトール96mg、ガラナ250ml、ホワイトティー抽出物60mg配合。

2000年代前半のエナジードリンク黎明期に他社を配合成分量でぶっちぎりで突き放したエナジードリンクです。2004年発売当初よりもカフェイン配合量を増量し現在でもアメリカでトップクラスのカフェイン配合量のほかタウリンなどクラシックなエナジー成分を他社よりも多く含みます。

アメリカではフィットネス系サプリメントメーカーが2019年頃から高カフェイン&専門的な成分を配合したエナジードリンクブランドを次々と立ち上げましたが、WIREDは普通の清涼飲料水メーカーが15年も前に作ってしまったところが面白いですね。

WIRED ENERGY X344のデザイン

WIRED ENERGY X344のデザイン
オレンジの缶にWIRED ENERGYロゴ、そして遠目からでもカフェイン配合量とわかる「344」が大きく記載されたデザイン。エナジードリンクが好きな人が初めてWIRED ENERGY X344を見たら驚くでしょう。

WIRED ENERGY X344のデザイン
裏面にはWIRED ENERGYシリーズのキャッチフレーズが入っています。

2004年発売当初はカフェイン294mgだった

2004年から2007年まで製造していたWIRED ENERGY X344の旧商品が「WIRED ENERGY X294」です。商品名を見ればわかる通りカフェインが294mg配合されていました。
WIRED ENERGY X344
2007年6月にカフェインを増量したWIRED ENERGY X344へリニューアルされました。それが現在も中身そのままに細々とですが販売が続いています。

当時アメリカの大手ブランドも160mgから240mgへと大幅にカフェイン量を増やしたシリーズを展開するなど294mgではインパクトがなくなったことがWIRED ENERGY X344へ進化した理由でしょう。

3大エナジードリンクブランドを名指しして自社製品に記載してしまう

旧作WIRED ENERGY X294の裏面には、当時の3大ブランドを名指しして成分量を比較した表がありました。
WIRED ENERGY X344
WIREDが登場した2004年のアメリカのエナジードリンク市場は非常に混沌としていたんですよね。

当時アメリカに住んでいた頃のことを思い出すと次々とエナジードリンクが登場し大抵の商品は「ヤバそう、飲んで大丈夫?」と思ってしまうようなパッケージや商品名が多かったので、旧WIRED ENERGY X294がこんな表現を使うのもよくわかりますね。実際成分配合量は比較にならない上に価格は他社に比べて抑えられていた(現在も安め)ので、カフェイン至上主義の人たちにはとって衝撃的だったと思います。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

WIRED ENERGY X344の関連エナジードリンク


みんなのWIRED ENERGY X344の味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント