スターバックスリフレッシャーズ・ベリーベリーハイビスカス

  • スターバックスリフレッシャーズ・ベリーベリーハイビスカス


日本で発売されたスタバのエナジードリンク、リフレッシャーズ・ベリーベリーハイビスカス。

濃厚ベリー味で風味と後味が独特

缶の説明によると、グリーンコーヒー(生豆)エキス由来のカフェイン配合、ハイビスカスとブラックベリーの味わいと書かれています。
ベリー系のエナジードリンクは全般的に好きで、香りはとても濃厚で同時に爽やかさも感じられ、期待感が高まります。

味も当然かなりこってりとしたベリーの甘さに酸味が続きます。常温だと濃厚過ぎてジュースの原液を飲んでいるかのようです。これは氷を入れて冷やして飲まないと美味しさ半減の典型的な例ですね。

冷やすと濃厚さが軽減され酸味が強くなって飲みやすいですが、飲みやすくなったことでかなり独特な風味がハッキリしてきて、それが後味にも残ります。この後味に残る風味が好き嫌い分かれそう。これについては後述してあります。

ハイビスカスって?


缶を見た時にパッと目が行くのがハイビスカスのイラスト。ハイビスカスってどんな味するんだと思っていたら、味ではなく香りとして表現しているそうです。缶には『ハイビスカス&BlackBerryの味わい』としか書いてない。プレスリリースではハイビスカスの香りと書かれているので、独特の後味に残る風味がハイビスカスを表現しているのかな。これがあるかないかでマズイかどうか分かれるのかなと。

エナジー・ドリン君としては味・香りともに余裕で許容範囲内です。マズイという方が意外と多いような気がしていたのでゲテモノ系なのかと思っていたら、ベリー系の甘さと酸っぱさが濃厚で飲みごたえ抜群。ちょっとキツめの炭酸も相まって爽やか。


飲み終わってもしばらくベリーとハイビスカスなのか、甘さと一緒に独特の香りが残るので、かなり濃いフレーバーだと思います。爽快感もあるけど逆にこれが残りすぎて嫌われる要因になってるかもしれません。

缶デザインも色もデキが良い


さすがスタバ。缶のデザインが素晴らしいですね。エナジードリンクとしてのトガッた感じはゼロですがスタイリッシュさは完璧。カラーリングも液体とマッチしていてイメージが湧きやすいです。

液体の発色の良さや濃さは日本らしくない良い感じの赤。
でも国内で出すならまずはエナジーコーヒーから出しても良かったかなと思います。ただの高いジュースと思われてしまいそう。

今回飲んだベリーベリーハイビスカスの賞味期限は10日後に迫っており、惜しくも販売終了間近のレビューとなってしまいました。パッケージ、フレーバー、濃さ、爽快感、色と全体的に好みのエナジードリンクでしたが、定番商品として定着することはなかったようです。

スターバックスリフレッシャーズ・ベリーベリーハイビスカスの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について