ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON

投稿日:2019年11月15日|最終更新日:2019年11月15日

ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON
2015年夏にドイツで発売されたロックスターフリーズシリーズのフローズンウォーターメロン。これまではアメリカでライムフリーズピニャコラーダの2種類が発売され、ドイツのウォーターメロンがフリーズシリーズ3種類目となりました。

ドイツで発売後もアメリカでは発売されず、ドイツから始まりイギリスやチェコ、オーストラリア、さらにアメリカの隣のカナダで発売されるほど人気に。

メーカーロックスター
製造国ドイツ
価格200円

スイカフレーバーかどうかは微妙

開栓すると、スイカフレーバー独特の青臭さが若干感じられるもののかなり控えめです。海外ではスイカと言えば皮付近の青臭さ、瓜の香りが特徴なんですよね。

グラスに注ぐと中身はピンク色でした。
ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON
缶と同じような真っ赤な色を想像していましたが、この辺はスイカを飲料化する際のイメージがドイツと日本では違うのかもしれないですね。

飲んでみると甘味はほとんど感じられず、酸味が強くやや残留物が残ります。明らかにスイカの味ではなくアセロラやグアバのミックスフレーバーに近い感じ。酸味にフルーツ感はなく、クエン酸そのままなのがちょっと残念。

そういえば開栓時に感じた青臭さは飲んでいるとほとんど気になりませんでした。スイカフレーバーと知らずに飲むとこれがスイカ味のエナジードリンクとは誰も気づかないんじゃないかな・・・。色も日本人が想像するスイカの色とは違いますしね。

ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELONのエナジー成分

カフェイン160mg、タウリン2000mg、高麗人参、ガラナなどを配合。ごく標準的な構成です。

けっこう酸味が強い印象でしたが、500mlに糖分が65gも入っているのには驚きました。飲み過ぎには注意したいですね。

3カ国フリーズウォーターメロンを飲み比べ

ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON
これまでに数カ国のフリーズウォーターメロンを飲んできたところ、中身の色に違いがあったので残っていた3カ国で飲み比べしてご紹介します。

左からカナダ、オーストラリア、イギリスの順に並んでいます。
ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON
色がそれぞれ違うのがよくわかると思います。スイカの色かどうかは別として、同じ製品を並べてこんなにきれいな色違いは珍しいです(*´艸`*)

それぞれスイカフレーバー独特の瓜らしい青臭い香りはするものの気になるレベルではありません。味はどれもスイカかどうか判別は難しい味でした。これは3種類どれも共通した印象です。

カナダ

カナダは甘味と酸味がバランス良く整っていてライトなトロピカルミックスフレーバーにも感じられます。飲んだあと僅かにメントールの清涼感が感じられフリーズシリーズらしい味わいです。

オーストラリア

オーストラリアは甘味を前面に出して酸味はほとんど感じられませんし、正直何味か言葉にできない味。またカナダのような清涼感は特にありませんでした。この中では一番微妙なフレーバーでした。

イギリス

イギリスはドイツに似た色をしていて味もかなり近く、酸味が強くてスイカ味とは思えない味です。甘味はなく重さもなく明らかにスイカではない味で、ドイツのフローズンウォーターメロンとベースは同じだと思います。

ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELON
国によってスイカに対する味のイメージや色のイメージって全然違うんだなぁ、とエナジードリンク飲んでいるだけでも新しい発見があって面白いですね。

スイカフレーバー発売ラッシュの中の1本

ヨーロッパでは2015年に各エナジードリンクブランドで様々なスイカフレーバーが発売されました。なぜかこの年に集中したんですよね。ドリン君はほぼすべてのブランドを飲めたのでラッキーでした。

その中でもロックスターは特に瓜系特有の青臭さが控えめで、また日本人がイメージするスイカ味ではありませんでした。日本で発売されるとしたら日本人向けに味を変えないと不評になるかもしれませんね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

ROCKSTAR FREEZE FROZEN WATERMELONの関連エナジードリンク


この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram