JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGO

投稿日:2021年6月 5日|最終更新日:2022年3月22日

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGO
アメリカ、カナダで発売されているサークルKグループで販売されているジョーカーマッドエナジーのトロピカルマンゴーフレーバー。もともとハンセンナチュラルが発売していたエナジードリンクブランドですが終売になり、後にサークルkで販売がリスタートされています。

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGOの基本情報

メーカーサークルK
製造国アメリカ
価格200円
オレンジトロピカルフルーツ(酸味)マンゴー
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

酸味際立つトロピカル炭酸ジュース

中身はクリアなゴルード、そしてわかりやすい砂糖系フルーツミックスの香り。あまり果実感を感じる香りではありません。
JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGO
口に含むと酸味が口に残るタイプのトロピカルフルーツフレーバー。マンゴーとオレンジをメインフレーバーとして南国系フルーツらしい風味に仕上げています。

香りで感じたようにやはり味も果実感・果肉感はなく、粉を溶かして作ったようなわかりやすい人工的なトロピカルフルーツフレーバーでややチープな印象も感じます。

エナジードリンクの価格を考えるとちょっと安っぽい味が気になりますが、逆にこのチープなトロピカルフルーツ味が好きな人にはぴったりとも言えます。

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGOのエナジー成分

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGO
カフェイン206mg、タウリン、グルクロノラクトン、イノシトール配合。意外と高カフェインなのでびっくりですよね。

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGOのデザイン

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGO
オレンジの渦デザイン。フルーツ系フレーバーであることは何となく想像できそう。そしてジョーカーの顔。クールなデザインとは言い難く、この見た目で買おうと思えず何度も遠征先のアメリカ、カナダではスルーしてきました。やっぱりデザインって大事。

しかしよく見てみるとエナジー成分としてはカフェイン量がしっかりしているし、フレーバーは4種類が常に揃っている店舗が多く割とリピーターはいるのかもしれないですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

JOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGOの関連エナジードリンク


みんなのJOKER MAD ENERGY TROPICAL MANGOの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント