1191
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
350
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

1本100円は高い!コスパ最強のエナジードリンクまとめ(日本&世界)

投稿日:2022年7月22日|最終更新日:2022年7月25日

エナジードリンクは高い!というイメージが当たり前となってしまい、メーカーも当たり前のように清涼飲料水に「エナジードリンク」と文字を入れて販売するようになってしまいました・・・。

しかし世界にはコスパ最強の激安エナジードリンクがたくさんあります。後発の日本にも2014年の第一次エナジードリンクブームの頃からコスパの優れたエナジードリンクが誕生し一部愛飲家に重宝されているのです。

250ml缶で100円程度だと500ml換算200円となってしまうためコスパの良いエナジードリンクとは言えません。

もっと安いコスパ最強のエナジードリンクを、世界を飛び回りエナジードリンク探しの旅をしてきたエナジー・ドリン君が厳選して紹介します。

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

日本のコスパ最強エナジードリンク

ゴールデンハンマー エナジードリンク

西日本を中心に展開する激安スーパーチェーン「ラ・ムー」のプライベートブランド。ゴールデンハンマーエナジードリンクです。定価1本38円という国内最安値のハイコストパフォーマンスを叩き出します。

プライベートブランドの低価格イメージを軽々超えた価格設定は衝撃的。この価格はエナジードリンク先進国のヨーロッパのスーパーPB商品で見かける価格帯です。

ラ・ムーを知っている西日本の人たち、世界のローカルスーパーPBエナジードリンクを知っているマニアからすれば100円のエナジードリンクはコスパが良いとは言えないことがわかるでしょう。

ミラクルエナジーV

ミラクルエナジーVシリーズ
サンガリアのロングセラー商品、ミラクルエナジーVです。1本68円で販売されていて、販路はそこまで網羅されているわけではないものの全国で購入することができます。最近は自販機で100円で売っていることもありますが、ディスカウントストアなどは68円で買えます。

濃密な王道系フレーバーが特徴で、第一次エナジードリンクブームの頃から日本の低価格エナジードリンクシーンのトップを走る商品。1本200円するエナジードリンクと内容は変わらないため、味とコスパでミラクルエナジーVを選ぶ人を何人も見てきました。

海外のコスパ最強エナジードリンク

特にヨーロッパのスーパーPB商品が激安。250mlサイズで100円前後は高いのでここでは紹介していません。ヨーロッパ旅行の際は激安のPB商品を探すだけでも狩りらしさを堪能できて楽しいですよ。

BOMBA! エナジードリンク

BOMBA! エナジードリンク
ハンガリーの老舗エナジードリンクブランド。1本50円前後で購入できる上にフレーバーも充実しクオリティがどれも高め。これが50円で買えるならメジャーブランドを選ぶ理由は・・・と思っててしまうほどよく出てきています。

BOOSTER エナジードリンク

BOOSTER エナジードリンク
ドイツの低価格エナジードリンクブランド。1本70円前後で購入できます。ヨーロッパは安いPB系エナジードリンクが多いので70円になるとそこまで安い印象はなくなってしまいます。BOOSTERシリーズも歴史は長く、様々なフレーバーが楽しめて飽きさせません。

VENOMエナジードリンク

VENOMエナジードリンク
アメリカの老舗エナジードリンクブランド。ドクターペッパー・スナップル・グループによるロングセラー商品。全フレーバーが濃厚でパンチがあり、成分もメジャーブランドと遜色なくアメリカのエナジードリンクに詳しい人はほぼ皆病みつきになってしまう美味しさ。1本99セント。初めて飲んだときの衝撃と言ったら・・・。

全米で展開しているメジャー商品のひとつですがエリアによってほとんど取り扱いがないこともあるのでアメリカ旅行の際はぜひ探して狩りを楽しんでください。

SPIDERエナジードリンク

SPIDERエナジードリンク
アメリカの老舗エナジードリンクブランド。473mlで1ドル。フレーバーも豊富。デザインは黒ベースの缶にフレーバーごとの色の蜘蛛が描かれているアメリカの黎明期らしさを今も楽しめるエナジードリンクブランド。物価上昇によって少しずつ値段が上がってきているのが難点。

rip itエナジードリンク

rip itエナジードリンク
アメリカ中西部から東部などに多いこちらも歴史あるエナジードリンクブランド。473mlで1ドル。フレーバー展開が非常に幅広く、不味いものから美味しいものまで多くのフレーバーを楽しむことができます。1ドルの高コスパ商品にも関わらずミリタリー関連のサポートもしている愛国心溢れるブランド。こちらも少しずつ値上げされてきているのがネック。