パンクラスエナジー

投稿日:2014年5月31日|最終更新日:2021年12月 6日

パンクラスエナジー
パンクラスのエナジードリンクです。エナジードリンクを超えたハイブリッドエナジー?

パンクラスエナジーの基本情報

メーカーパンクラスエナジードリンク
製造国日本
価格200円
王道系薬品・ケミカル系
総合評価★★★☆☆

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

パンクラスエナジーは王道を行くエナジードリンクに仕上がり

またエナジードリンクに乗っかってきたな、と思っていたところ、飲んでみると意外と王道を行くしっかりとしたエナジードリンクフレーバーを実現しています。
酸味がやや強めで甘さはそれほど主張してきませんが、2、3口飲んでいくと強めの香りが広がります。モグモグ感も少しあるので満足度はそこそこ高いかな?(増粘剤が入っています)

が、公式サイトでは『エナジードリンク特有の独特な香りと味を低減。癖のない後味と爽快な刺激を実現』と書かれています。目指すところはエナジードリンクフレーバーとは違うって感じ?十分エナジードリンクとしての味と香りは出来上がってる気がします。

ゼロ系エナジーで調度良い飲みやすさ

パンクラスエナジー
ゼロカロリーでローカーボなので味は爽やか系王道フレーバー。

ただしゼロカロリーなので、軽めに作っているのか軽くなってしまったのか。重さはほぼないです。甘さが足りないので香り負けしてしまう部分も否めないかなと。それだけ香りが強いです。そして冷やすと当然ですがスッキリ感が増します。

パンクラスエナジーの成分

パンクラスエナジー
缶の表に1缶あたりの成分が書いてあるのはわかりやすい。
カフェインが現在の国内トップクラスに入る160mgです。アルギニンも300mgとエナジードリンクとしては高め。覚醒系で言えば一気に国内トップに出てきた感じです。
しかしその他生薬関連は入っていません。

カロリーはゼロで良いですが、一発目の主力製品で糖分がないとなると血糖値上昇は期待できなくなってしまいそう。
パンクラスエナジーのオリジナルとしてゼロカロリー・シュガーフリーで良かったのかはちょっとマニアの中では賛否あるかもしれないですね。(99%の人がどうでもいいと思ってるはずw)

パンクラスエナジーについて

かなり売る気満々な感じですね。居酒屋で出したりOEM生産の受注とか。
なぜか居酒屋、ネトゲとのタイアップをしているようです。パンクラスの選手映像等はなかなか使いにくいのでしょうか。公式ドリンクだからその必要すらないのかな?
『生活に密着したカルチャーエナジーを目指す』とのことなので、レッドブル、モンスター、ロックスターのような方向性とは違うのかも。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

パンクラスエナジーの関連エナジードリンク


みんなのパンクラスエナジーの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント