MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
2017年春、ヨーロッパ各国で発売されたモンスターエナジー・ルイスハミルトン、通称LH44です。

ケミカル系ホワイトグレープフレーバー

開栓するといつもどこかで嗅いでいるような酸味を含んだケミカル系グレープの香り。

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
グラスに注ぐと黄色いよくある王道系エナジードリンクの色で嫌な予感がします(゚A゚;)ゴクリ

飲んでみると・・・酸味のあるホワイトグレープのような味わいに人工的なケミカル感と人工甘味料の風味が口に残ります。甘味はそれほどなく酸味強めの王道系エナジードリンクっぽくも感じますが、主に感じるのはホワイトグレープの風味です。

かと言ってフルーツ系フレーバーではなく、飲む前からケミカル臭が入り、飲んだあとも薄っすらと鼻に漂い続けるほど主張するのでフレーバーの方向性がよくわからない構成になってると思います(^_^;)

マズいわけではなく普通に飲めるのですが飲みたい理由を見つけるのが難しい味で・・・。

この香り、色、モンスターエナジーということで単純に酸味強めの王道系と感じる人もいるでしょう。正直ここまでコラボしてこの味は勿体無いと感じました。この味ならどこにでもありますし、個人的に日本を含め各国色々な種類の在庫がある中でこれをまた次回改めて手に取ろう、とは思えませんでした(´・ω・`)

モンスターエナジー・ルイスハミルトンのエナジー成分

カフェイン150mg、タウリン2000mg、カルニチンやイノシトール配合でシンプルです。

カロリーはなんと96kcal、炭水化物26gと通常500mlの半分程度。成分一覧を見るとかなり人工甘味料が使われていました。確かにチープな人工甘味料のような味わいがどことなくするなと感じたのはこれだったようですね(ヽ´ω`)

ゼロ系に敏感で苦手な方はけっこう気になる部分かもしれません。モンスターM-100シリーズみたいな感じ。

モンスターエナジー・ルイスハミルトンのデザインは過去最高の高級感

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
デザインは過去最高にクールで高級感が最もあるんじゃないかと思います。ブラックトップに続いて黒背景にLEWIS HAMILTONの金文字とゴールドラインが非常にゴージャスです。
MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
サンプル画像ではこの黒い部分がヘアラインだったのですが実物は普通の黒塗装。ここがヘアライン加工になっていたら本当にヤバイですね(*´ェ`*)

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
全体的にザラザラしたテクスチャの赤銅色が重厚感を感じさせ、そこを黒抜きして異素材感を出すデザインは最高です。モンスターロゴが小さいのも個人的には好き(u_u*)

一本を手にとってずっと眺めていたいくらいです。ロンドンの店頭だと雑多に陳列されていて日本のようにキレイに並べ直さなかったりしたのでちょっと残念でしたが、何本もあるより「貴重で大切な一本」という感じでデザインを楽しむほうが合うかも。昼間の明るい時間も、夜照明を落とした明るさもどちらもいろいろな顔を見せてくれます。褒めすぎなくらいかっこよくて好きですw

ただ味が・・・(ヽ´ω`)
勿体無いですね。この見た目があるので辛口レビューってしにくくなりそうなんですけど、正直先にも書いた通りでドリン君は味のためにリピートすることはないですね。他に美味しいエナジードリンクはたくさんありますから。

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTON
もし日本で限定発売されるようなことがあっても、結局オリジナルと同じ味じゃん、と感じる人が多いんじゃないかな。ほとんどの人はそれぞれの味を確かめながら飲むことはない(そもそも記憶も曖昧)ので。それと日本で出すならブラックトップになるよう頑張って欲しいです(u_u*)

中身の色もこのカラーと同じような高級感のあるレッドブルF1Bullのような落ち着いた色で深みを楽しめるフレーバーだったらなぁと残念です。

MONSTER ENERGY LEWIS HAMILTONの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について