HOT6エナジードリンク

投稿日:2014年8月 3日|最終更新日:2020年5月29日

HOT6エナジードリンク
韓国ロッテ発の韓国を代表する大手エナジードリンクブランドHOT6です。現在は韓国だけでなく海外へ輸出したり海外現地で生産販売されるなどグローバル化も進んでいます。

メーカーロッテ
製造国韓国

一癖ある茶葉、漢方系フレーバーのエナジードリンク

中身は王道系の黄色に近い濃厚な色。香りは甘いだけでなくくすんだ茶葉のような癖のある香りが感じられます。

HOT6エナジードリンク
口に含むと甘味控えめの王道系フレーバーに茶葉や漢方のような苦味とその特有の香りがあり、単純な甘い王道系フレーバーではありません。フレーバーの半分くらいは漢方系のような独特の風味が占めているのでHOT6独特の風味と言えるかもしれません。

苦味と香りが持続し口に残りにくく感じます。この苦い風味が抜けていき、味が薄いわけでもないのにスッキリした雰囲気も楽しめます。漢方や茶葉の風味が苦手な方は飲み続けるのは少し厳しいのでは?

HOT6のエナジー成分

缶の下の方にも書いてありますがタウリンが1000mg配合、カフェインは60mgとやや控えめです。
HOT6エナジードリンク
漢方のような香りと後味が残るのは紅茶抽出液と紅茶粉末が含まれているからでしょう。紅茶系飲料よりも癖がある気がします。

HOT6エナジードリンクのデザイン

HOT6エナジードリンク
缶前後で英語のHOT6表記とハングルのHOT6表記がデザインされています。

ベースは250ml缶ですが、韓国では様々なサイズが展開されていました。

HOT6エナジードリンク
ずっしりした355ml缶もありました。韓国で一般的に流通しているのが250mlなので355ml缶はあまり目にしないかもしれません。

HOT6エナジードリンク
2019年からはコラボ缶も数多く発売されるようになり、韓国でもエナジードリンク市場がこれまで以上に広がりを見せているのではと推測できますね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram