TAKE OFF ENERGY ZERO

投稿日:2020年5月 5日|最終更新日:2020年5月 5日

TAKE OFF ENERGY ZERO
ドイツのエナジードリンクブランド、TAKE OFFのゼロ。王道系のわかりやすいシュガーフリー商品です。

メーカーconvivo
製造国オーストリア
価格140円

人工甘味料全開の王道系フレーバー

TAKE OFF ENERGY ZERO
口に含むと甘味控えめ&酸味がやや効いた王道系フレーバーですが味の大半が人工甘味料の風味・・・。しかもそのまま人工甘味料の味が口に残り飲み続けるわかりやすいゼロシュガーの王道系フレーバーでした。人工甘味料の味が苦手な人は飲めないんじゃないかな・・・。

ゼロならゼロらしく人工甘味料を楽しむフレーバーにしたようです。なので無糖なのに無糖とは思えない美味しさや感動は皆無。ここまで人工甘味料の味に振り切っていると清々しいですね。

味はレッドブルのシュガーフリーに近いので、レッドブル・シュガーフリーが好きな方にはかなりハマる味だと思いますし、レッドフルよりも大容量で価格は半額程度ですからもしかしたらドイツにはリピーターも少なくないかもしれないですね。好き嫌いは別として王道系シュガーフリーの完成度はかなり高いと言えます。

TAKE OFF ENERGY ZEROのエナジー成分

TAKE OFF ENERGY ZERO
カフェイン99mg、1320mg配合。ごくごく普通の成分と配合量ですね。

TAKE OFF ENERGY ZEROのデザイン

TAKE OFF ENERGY ZERO
マット加工された白い缶。TAKE OFFシリーズの中で唯一ボタンが青いのがTAKE OFF ENERGY ZEROです。TAKE OFFシリーズに興味ある人はヨーロッパにも少ないのでどうでもいい人が大半だと思いますが(^_^;)

2018年のデザインリニューアルでTAKE OFF ENERGY ZEROも赤いボタンになってしまいました・・・。個人的に旧デザインのほうが特別感があって好きです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram