BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS

投稿日:2019年3月 8日|最終更新日:2019年3月11日

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS
缶カラーは赤いのになぜかシトラスフレーバー。グラスに注ぐまでレッドベリー系のフレーバーだと思いこんでいたので驚きました(^_^;)

フルーツ感が感じられるライム系シトラスフレーバー

これがシトラスであることをすっかり忘れ・・・。この赤い缶カラーのイメージのまま「今日はレッドベリーか~」と考えながら開けるとライムのような香りが吹き出すので、まさかベリーライム来たかこれは、と。

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS
グラスに注ぐと透明な黄色。まさか赤いこの缶からビタミン系飲料の色かと落胆。これライム系シトラスなのでは!?とラベルを確認したらそうでした、完全に勘違い(^_^;)しかし赤い缶でシトラス系フレーバーかぁ・・・。

味はAMPのライムなどと同じ系統で、よりライム系の香りが強い王道シトラスフレーバー。口に含んだときに甘味がしっかりしたライムエードフレーバーが広がる満足感のある口当たり。喉を通る頃には酸味の刺激が広がります。

香りが強く持続するので満足感が高く、甘いライムエードにライム果実を入れたような味わいでなかなかイケます。

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUSのエナジー成分

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS
カフェイン178mg、タウリン1892mg、ガラナ8mg、グルクロノラクトン8mg、イノシトール8mg配合。

シトラスフレーバーの中でも甘味がしっかりしているのは砂糖63gも入っているからでしょうか。エナジードリンクの中でもけっこう多いほうですね。

赤い缶ならパンチとかでも良かったかも

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS
この缶、飲んだあとずっと眺めていて、どうしてもシトラスフレーバーの缶デザイン・缶カラーには見えないんですよね(^_^;)

缶の色、中身の色、味や香り、すべてがズレなくマッチすると、良い意味で色々な補正がかかって美味しく感じたり高級感を感じたりするものです。感動は五感すべてで感じた上で湧き上がるものだと、シトラスフレーバーとしては完成度が高かった今回の商品で改めて感じました。

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUS
タブは定番ブラック紅葉タブ。今回のシトラスには蜂蜜が入っているのも特徴のひとつですが、メイプルシロップを少し入れても良かったかもしれないですね(●´ω`●)

BEAVER BUZZ ENERGY CITRUSの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram