BIG SHOCK Watermelon

投稿日:2015年12月30日|最終更新日:2020年10月21日

BIG SHOCK Watermelon
BIG SHOCK 2015年の新作、ウォータメロン。この2015年は各国・各エナジードリンクブランドでスイカフレーバーが偶然発売ラッシュだった年です。そしてその中でもBIG SHOCKのスイカフレーバーが特に美味しく感動しました。

メーカーBIG SHOCK
製造国チェコ
価格200円

想像以上に美味くてびっくりするスカイフレーバー

開栓するとスイカかどうかわからない甘く人工的で飴のような香り。確かにスイカと言われればそうかな?くらいですね。

BIG SHOCK Watermelon
グラスに注ぐと赤みや濁りがスイカそのもの。見た目からしてスイカらしさが感じられますよね。

味はスイカかどうかよくわからない味に一瞬戸惑いますが、BIG SHOCK自体の味が美味しくてどんどん飲んでしまいます。
簡単にいえばスイカバーにとても近い味。かと言ってスイカそのものの味がするわけでもなく・・・。

細かく味わっていくと、やはりスイカなのか何なのかよくわからない爽やかな甘さがメインです。
この甘さはしっかりしていて飲みごたえがありますが、濃厚すぎず口に残らないので飲みごたえと爽快感が同時に楽しめます。あっさりしすぎて薄味ということは全く無いのでバランスがとれてレベルの高い味わい。

スイカかどうかは別としてかなり美味しいのでこれを基準に他社のスイカフレーバーを比較・評価していけたらと思います。

BIG SHOCK Watermelonのエナジー成分

BIG SHOCK Watermelon
カフェイン160mg、タウリン2000mg、ガラナ40mg配合。リンゴ果汁10%配合。

BIG SHOCK Watermelonのデザイン

2015年のエナジードリンク各ブランドで、世界的スイカフレーバーブームが起きました。その中でも最初に発売されたのがこのBIG SHOCK Watermelonでした。チェコの老舗エナジードリンクブランドまでもがスイカブームに乗ってきていたのは驚きでした。
BIG SHOCK Watermelon
デザインはBIG SHOCKシリーズ共通の黄色い缶に半分に切られたスイカがメーターのようなデザインで配置されています。BIG SHOCKらしいユーモアに溢れたデザインで、当時のBIG SHOCKはまさにノリまくっていたエナジードリンクブランドのひとつと言っても良いでしょう。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram