BIG SHOCK Original

BIG SHOCK Original
チェコを代表するエナジードリンクブランド、BIG SHOCKのオリジナルです。まさかの無炭酸Σ(・∀・;)

栄養ドリンクかと思うようなフレーバーでゲンナリ

BIG SHOCK Original
開栓するするとケミカル系&王道系ですが強烈ではなく控えめな香りを感じます。
グラスに注ぐと黄色でどこにでもあるような色。

そして飲んでみて衝撃。無炭酸です!Σ(´∀`;)
味はケミカル系で酸味があり、炭酸がないため爽快感はなく口当たりも刺激がありません。エナジードリンクというよりも栄養ドリンクのイメージのほうが強いです。

これで炭酸があれば爽快感が増したかな?と思いますが、酸味がいつまでもしつこいのであまり美味しいとは思えませんでした。強いクエン酸の酸味が喉を突くような強さで、言い過ぎかとも思いますが飲んだあとも胃からムカムカと酸味が上がってくる感じ。

口に残る酸味&残留物によってスッキリせず飲み心地もあまりよくないため正直美味くはないです。炭酸があればロックスターオリジナルにかなり近いんじゃないかと思います。しかしよくこれをオリジナルにして出したな、とw

ビッグショックオリジナルのエナジー成分

カフェイン160mg、タウリン2000mg配合。とりあえず標準的なエナジー成分を入れた感じで、メジャー各社と成分での差別化等は特にありません。

ビッグショックオリジナルのデザイン

オリジナルを含む各フレーバーは基本的に黄色で統一されブランドカラーとして定着しています。プルタブもしっかり統一されていて抜かりない感じ。

BIG SHOCK Original
今となっては旧デザインとなったこのオリジナルのデザインは若干古臭さも感じますがエナジードリンクとしてのイメージはわかりやすいかもしれません。初めて見たときは「うーん、かっこよくはないな・・・」という印象でしたw

さすがにこのオリジナルのフレーバーで何かしらイメージを具体化しろと言われても難しいかもしれないですね。例えばルーツ系のフレーバーならフルーツ自体をデザイン使えば済むので。他フレーバーも何とかイメージを絞り出してきたようなデザインが多く、この時代のビッグショックシリーズはイマイチな感じが個人的には拭えませんでした。

BIG SHOCK Original
今回レビューしたオリジナルデザインのほかに度々リミテッドデザインが出ていて、そっちのほうがかなりクールでした。

2016年以降はコンスタントにリミテッドフレーバーやリミテッドデザインなどを発売し、かなり斬新なデザインを取り入れてブランドイメージが一気に変わりました。恐らく新しいデザイナーが加わってますね。さらに2017年には全ての定番フレーバーのデザインが一新され洗練されたように感じます。

オリジナル以外の各フレーバーも順次紹介していきますが、日本と比べるととても小さい国なのに、ここまでフレーバー展開・デザイン展開し続ける(味は置いておいても)エナジードリンクブランドは非常に興味深いですよね。

BIG SHOCK Originalの関連エナジードリンク


BIG SHOCK Originalの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について