1299
Reviews
エナジードリンクレビュー掲載中
397
Comments
みんなの口コミ&感想掲載中
7000
Collections
世界各国へ行き集めたコレクション

カフェイン比較をリニューアル&濃厚サイトを目指す

投稿日:2014年6月 7日

全体的に見やすくしてみた

以前は商品画像サイズが小さく、縦にズラッと並んでいるだけでイマイチ各成分がどれくらい入っているのか、どのエナジードリンクを見ているのかなどわかりにくい部分がありました。

今回は商品画像を3倍近く大きく表示して、カフェインの量も大きな文字にしてわかりやすくしてみました。特にうちはスマホサイトをわざと用意していないので、サイドバーも外して、スマホからもある程度見やすくしてみました。アルバムみたいにズラズラーっと並べた感じです。
https://www.energydrinkmania.net/energydrink_caffeine.html

こういうのをいじり始めると凝り性なのでダメですね。ずっといじってます。
各エナジードリンクの枠のカドをとったり、ついでに商品画像のカドもとってみたりw

今後も濃厚コンテンツを充実させたいな

エナジードリンクが本当に好きであること、性格が凝り性であることが相まって、サイト内のどのページを見ても濃厚な感じにしたいです((o(´∀`)o))
エナジードリンクマニアを見てる人ってエナジードリンクも濃厚なのが好きですよね?w
だからサイトも深いところまで持っていきます。

今回のカフェインランキングについては300種類くらいになったらまた見直すかなぁ?これ以上どうしようもないのでこのまま増殖していく感じかもしれませんけどね。
でもとにかくこのカフェインランキングはかなり有用なコンテンツになりつつあると思うし、こういう便利で圧倒的なコンテンツを今後も作ってサイトに残して行きたいと思います。

情報は皆共通の財産だと思ってます

とりあえず最初に言っとくと、パクリは犯罪だからねw パクツイbotがうちのツイートだけ画像ごとパクったりもしかしたらどこかのブログでもパクられてる可能性があるから過敏になってます。
情報は共有すべきものだけど、パクリはダメです。

で、この情報なんですが、10年以上前の古い昔ながらのホームページって個人のごく一部のひとたちが濃厚な情報を集めて専門サイトを作っていました。今は企業も積極的に専門情報のサイトを作ってるけど、個人が作り出す深すぎるオタクやコレクター的な誰も知らないような、誰も持っていないような情報がビッシリと詰まったサイトがたくさんあり、情報価値はとても高かった。実際にやってみたり行ってみたり集めたり、という地道なコンテンツです。これ掲載情報だけでなく管理者の色が濃く出てるとこにも価値があったと思うんです。

最近そういうサイトが少なくなったとかを言いたいわけではなくて、そういうサイトが10年以上経過するとなくなってるんですよ。昔は無料HPスペース(infoseekやtripodなど)やプロバイダに付属するHPスペースで公開していたために無料サービスが終了してしまうと同時にデータは消えてしまったし、プロバイダだって乗り換えればHPアドレスが変更になってそのまま消えていくサイトもありました。こういう今ではもう入手できない情報がすでに数年前に消えてなくなったんですよね。infoseekが終了したときに情報は保全すべきという話題が上がりましたがそのままになったと思います。各制作者による著作権の問題があったりして。

でもやはり貴重な情報ってたくさんあって、もう管理者がいくなくって放置されたとしても情報の価値はあるわけです。
企業が作り出す最新情報とか数字とかよりも濃厚なマニアたちの生き様が反映されているサイトこそ色が出ていて別次元の付加価値もついていると思います。
そういう良いマニアックな情報がなくなっても痛くも痒くもないし人生全く不便にならないけど、貴重であることに変わりないと思っています。

だからエナジードリンクマニアはそんな原点に戻って、本当にマニアックな人が作る管理者の色が濃く出るサイトを目指しています。
・・・いや完全に自己満なだけなんですけどw

≪OLD 今後のためにサイトを少しいじってみた レッドブルブルーエディションが発売前日に買えた NEW≫

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界7,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。