レッドブル330mlアルミ缶ボトル買ってみた

投稿日:2014年7月29日

2014年7月29日発売のレッドブルボトル缶を買ってみた

レッドブル330mlアルミ缶ボトル
朝起きたら飲もうと思ってコンビニへ。なんとまだ並べていない店舗や既に売り切れなのか並べていないのか、スカッと空いているコンビニまでありました。
とりあえず5店舗目でようやく購入。初日ってけっこうこういうことありますね。

レッドブル330mlアルミ缶ボトル
ボトルキャップにはレッドブルのロゴ。なとんなくシルバーにこの赤牛だと欧米モノっぽくない感じ。

ボトルの首部分は手触りは変わりませんがマット加工されていてツルツルよりもマットなサラっとした見た目が好き。

中身は缶のレッドブルと同じですが330mlになって成分量が若干増えています。
カフェインが80mgから105.6mgに増量、アルギニンは396mgに増量しています。量が多くなればエナジーと成分も多くなるのが普通なのでこれは嬉しい!
しかし価格が296円税別となっているので、他のエナジードリンクと比べると1つ頭が出た価格になっています。レッドブルの場合はこれでも売れるからスゴイ。

飲み口が小さいので少しずつ飲める

ボトルの首が細長く、口部分も大きくはないので一気に流れ込まずに少しずつ飲めます。
逆にがぶ飲みしたい人には少し面倒な形状になっているかもしれないですね(;´∀`)

レッドブル330mlアルミ缶ボトル
一気に飲み干せない女性には一口飲む量も少なく飲みやすいし、キャップがついているので飲みきれない分を持ち運べるし、この首を長くしたのは良いと思います。ペットボトルの形状だとこうはいかないですからね。

それとエナドリ厨の理想である473mlに近い量ではなく、330mlにしたのもポイントでしょうね。473mlとかキャップつけたところでぬるくて炭酸抜けて結局飲めなくなる人のほうが多い。330mlなら量も手頃で持ち運びしやすいボトルサイズ。
アメリカでは哺乳瓶サイズと言われそうですが日本にはかなりマッチしたサイズとボトル形状だと思います。

海外のレッドブルアルミ缶ボトル

海外でもアルミ缶ボトルは出ていて、サイズはたぶん同じくらいです。330mlだと思いますがどこかで350ml表記もみかけました。
そして海外のガチ勢の本気やってみた動画。

≪OLD エナジードリンク動画 GoPROのマーケティングとエナジードリンク NEW≫

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram