Kronik VENGENCE

投稿日:2018年5月30日|最終更新日:2018年7月13日

Kronik VENGENCE
Kronikのオリジナルフレーバー、VENGENCEです。すでに破産し会社自体がなくなってしまったアメリカのエナジードリンクブランド。期待していませんでしたがハイクオリティな王道フレーバーで久々にやられました(*´艸`*)

濃厚で甘い王道系フレーバーの真骨頂

開けた瞬間の香りはほとんど感じられず、グラスに注いでも王道系の甘い香りはするものの、モンスターやレッドブルなどのような強い香りは感じられませんでした。この時点では王道系にしては香りが弱めの印象です。

Kronik VENGENCE
色はややオレンジがかった黄色でよくある王道系の色ですね。缶のグリーンはやはりモンスターオリジナルを意識しているのでしょうか。

飲んでみるとこれがパッケージカラー同様モンスターオリジナルを意識したような甘い王道系フレーバー。レッドブル系の酸味はゼロです。

終始甘くて濃厚ですが、モグモグ感はちょうどよい感じで抑えられていてモンスターよりも飲みやすいんですよね。1缶飲み終えるまで飽きが来ない絶妙な味と香りのバランスです。正直驚いていますw
濃厚で満足感が高いのは間違いありませんが香りが強くないので飲んだあと鼻に残らず嫌味がないんですね。

Kronik VENGENCE
王道系と書きましたが飲めば飲むほどモンスターオリジナルに似すぎていて笑えます。パクりすぎですw
各国色々な王道系を飲んできましたがここまで似ているのも珍しいでしょう。香りと後味だけをモンスターよりもバランスよくクリアにした感じで、飲みやすさの点から考えるとKronikのほうが好きな人もかなり出てきそうです。

個人的に毎日のように濃厚なフレーバーの多いエナジードリンクを飲み続けているので甘い王道系で飲みやすさと嫌味がないフレーバーは大歓迎なんですよね(●´ω`●)

実際飲んでみて当時Kronikが一部の人たちに人気だった理由がわかりました。王道系を飲んで感動することはあまりなく、挙げるなら28BLACKのクラシックくらいでしたが、エナジードリンクブーム真っ只中に発売されたこんな厨ニ全開デザインのエナジードリンクで感動するとはΣ(´∀`;)

Kronik VENGENCEのエナジーブレンド

カフェイン150mg、タウリン2000mg、グルコサミン200mg、グルクロノラクトン150mg、ガラナ100mg、高麗人参100mg、イノシトール50mg、ミルクシスル50mg、イチョウ葉50mgのエナジーブレンド。種類豊富なエナジー成分で、グルコサミンが入っているのは初めて見たかもしれません。

味だけなら確実に他社を食いにいけるレベル

今回の王道系VENGENCEもほかのフレーバーもそうですが、味だけで言えば大手エナジードリンクブランドにも良い勝負ができるレベルの商品であることは間違いないでしょう。今まで世界各国色々な王道系フレーバーを飲んできましたがここまで完成度が高く安定した美味しさを実現しているものも珍しいと思います。

しかし缶が厨二系デザインなのは古さ故でしょうか・・・(^_^;)モンスターエナジーも相当厨二デザインですがこちらは世界的ブランドに成長できた&シリーズ多展開ができたからよかったわけで、やっぱりただ似たようなものを作るだけでは難しいんでしょうね。

フレーバーの完成度としてはアメリカの低価格エナジーで隠れた逸品のVENOMシリーズに近いものを感じます。もう少し長く続いていればアメリカ市場トップ5には入れなくても、隠れた名ブランドとして一定の人気が出たんじゃないかなと思います。

タブはもちろんグリーンタブ。気合の入れ方が違います。やっぱり惜しいですよね。

Kronik VENGENCEの関連エナジードリンク


Kronik VENGENCEの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram