MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER

投稿日:2019年8月31日|最終更新日:2019年9月 1日

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
モンスターエナジーハイドロシリーズの初期フレーバー3種のうちのひとつ、ハイドロ・トロピカルサンダーです。定番とも言えるトロピカルフルーツフレーバーの無炭酸スポーツドリンク。

現在プルタブタイプは終了し、大型化・リキャップ式ペットボトル化され、アメリカをはじめヨーロッパ、アフリカなど世界中で販売されるモンスターエナジーの定番シリーズとなりました。

メーカーモンスターエナジー
原産国アメリカ
価格300円

スポーツドリンクらしくない美味しさ重視のトロピカルフルーツ

開けた瞬間はオレンジの香りがしっかり感じられます。色もオレンジなのでトロピカルフルーツフレーバーということを忘れてしまいそう。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
色はやや濁りのあるオレンジで、濃厚ではなくライトな感じ。

早速飲んでみると、軽やかな甘味とそれを補うしっかりした甘い香りが楽しめるトロピカルフルーツフレーバーで、甘さが口に残らないスッキリした味わいです。後味や風味に人工甘味料の嫌な味わいはほとんど感じられず、味・香りともにキレイにまとまった印象。

濃厚でリアルな果汁配合タイプとは違い、人工的な味ではありますがスポーツドリンクタイプの商品なので味自体はよくできていると思います。特に香り付けが上手いです(*´ェ`*)

飲んだあと口に残らずそれでもしっかりとトロピカルフルーツフレーバーを実感でき、運動時でも甘味や香りを楽しめる存在感があるんですよね~。

販売国ごとに味や香りのバランスに差がありますが、本家アメリカのトロピカルサンダーは運動中だけでなく普段飲むモンスターリハブシリーズのようなリフレッシュメントとしてもおすすめです( ´∀`)bグッ!

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDERのエナジー成分

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
カフェイン125mg、タウリン配合。その他生薬関連、アミノ酸などは含まれていない純粋な水分補給ドリンクらしい構成ですね。ハイドロシリーズならではのエナジーブレンドが入っていると更にブランディングできそう。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDERのデザイン

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
海外の飲料業界で一時話題になったプルトップを有するペットボトル。シルバートップにハイドロっぽいイメージの水色のタブ。

ペットボトルの上を缶トップにして結合させるとかよく考えますよね。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
ハイドロは500ml入りで、アメリカの通常の缶タイプ(473ml缶)よりも高さがあります。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
後に発売されるキャップ付きのペットボトルタイプ(写真右)とは違い、今回空けた缶トップタイプ(写真左)には機能性のロゴなどはありません。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
発売後1年ほどで今回レビューした缶タイプは廃止され、飲みやすく持ち運びしやすいリキャップ型ペッドボトルタイプに統一されました。

レビューでも書きましたが、リフレッシュメントとして飲むなら缶トップでも良いですが、運動中に飲む場合ずっと飲み口が開いたままというのはキツイですよね(^_^;)
やはりキャップが閉められて大容量のほうが需要があると判断したのかもしれません。

アメリカ・ヨーロッパのトロピカルサンダー飲み比べ

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
ハイドロシリーズはアメリカで始まり、今ではヨーロッパを始めとする世界で発売されています。フレーバー名は同じですが味は各国若干違います。

というわけで今回はアメリカとその次に発売されたイギリスのトロピカルサンダーを飲み比べてみたいと思います。

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
色自体はほとんど同じですね。ボトルを置かないとどちらがどちらかわからなくなるほど。

香りはアメリカのほうが濃厚で存在感がありますが、イギリスのほうはかすかに何かの香りを感じる程度でフルーツ感のような香りはほとんどありません。

それではイギリスのトロピカルサンダーを飲んでみましょう。第一印象は、香りと口に含んだときに広がる風味は確かにトロピカルフルーツらしさを感じるものの甘味が少し飛んでいて、良く言えば飲みやすい、悪く言えば薄くて何味かわからない、こんな感じです。

特にアメリカのトロピカルサンダーと飲み比べてしまうと余計薄く感じますし、同じ商品でも味の強さがまったく違うことがわかります。

アメリカは味を楽しむことができる濃さや満足感がありました。一方イギリスのトロピカルサンダーは味に気を取られることなく飲むことができて純粋に水分補給に適した控えめな味。どちらが良いとは言えませんが、満足感は本家アメリカのほうが感じられると思います。

ボトルラベルの機能性ロゴ。アメリカの750mlボトルと比較してみました。
MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
イギリスのほうは本家アメリカにはない下矢印の「還元糖」のロゴがありますね。その他ヨーロッパのハイドロシリーズにもこのマークがついています。

最初にアメリカで発売された缶トップにはありませんでしたが、ロゴが並んでいるとスポーツドリンクっぽい雰囲気も出せますしこれはあったほうが良いですね。

こちらは中身がなくなったボトル。左がアメリカ、右がイギリスです。
MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
イギリスをはじめこの細長タイプのボトルには予めオレンジ色に着色されたラベルが包装されているため飲み終わっても中身の色を楽しめます。ラベル自体に色をつけてくれたほうが飲み終えたあとのコレクションとして考えると嬉しいですね(;´∀`)

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDER
ボトルのキャップにはモンスターエナジーロゴがプリントされています。国や商品によってロゴありとなしがありますが、やっぱりロゴは入っていたほうが締まりますよね。

アメリカで缶トップタイプが発売された当時「ハイドロシリーズはすぐなくなるだろうな」と思っていましたが意外と長く続いている上に世界中で続々と発売していて驚きです。アメリカはリキャップのペットボトルに統一されフレーバー数も増えていますし。意外と支持されているのでしょうか!?

MONSTER ENERGY HYDRO TROPICAL THUNDERの関連エナジードリンク


この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram