PUNCH MONSTER MIXXD

投稿日:2020年4月12日|最終更新日:2020年12月29日

PUNCH MONSTER MIXXD
黒ピンクのPUNCH MIXXD発売の後登場したピンクのPUNCH MIXXDです。2019年までEU各国でどちらも入り乱れて国によって別々に販売されていました。後に今回レビューするピンクの缶に切り替わっていきます。

メーカーモンスターエナジー
製造国ハンガリー
価格170円
アップルトロピカルフルーツ(甘味)バナナパンチ系マンゴー

甘く優しいトロピカルなパンチフレーバー

開栓するとさり気なく香るフルーツパンチ。オーソドックスなフルーツパンチよりも香りは控えめです。
PUNCH MONSTER MIXXD
口に含むと控えめで優しい味わいのフルーツパンチフレーバーが広がります。

徐々に甘味特化のバナナ、アップル、マンゴーなど優しいトロピカルフルーツフレーバーが感じられ、慣れてくるとオーソドックスなフルーツパンチよりも甘いトロピカルフルーツフレーバーがミックスされたフルーティーなパンチフレーバーであることに気づきます。

人工的に旨味を引き立てた正統派フルーツパンチと比べるとパンチが控えめで、ゆっくりと味わって飲むほどフルーティーな甘味を楽しむことが出来ます。

2017年にレビューした最初に発売された黒ピンクのPUNCH MIXXDのレビューでも書きましたが、キンキンに冷やすと一気飲みできるくらい飲みやすいフルーツパンチですが、トロピカルフルーツの甘い風味が飛ぶので冷やしすぎずに飲むとフルーティーな味わいも楽しめますよ。

レビューの通り、新旧どちらもPUNCH MIXXDは、「オーソドックスなフルーツパンチ」を想像して飲むとちょっと物足りない味なんですよね。本来のパンチ系フレーバーを想像して飲むと低めの評価がつきそうです。

PUNCH MONSTER MIXXDのエナジー成分

カフェイン160mg、アルギニン250mg、カルニチン20mg配合。タウリンは含まれず日本でお馴染みのアルギニンが配合されています。
PUNCH MONSTER MIXXD
果汁は5.3%配合。りんご、チェリー、マンゴー、バナナなどを配合。こちらも真っ黒なPUNCH MIXXDと同じ構成と配合量です。

PUNCH MONSTER MIXXDのデザイン

缶表面は粗めのザラザラテクスチャー。
PUNCH MONSTER MIXXD
缶の下にはマイクが。先行で発売されていた黒ピンクMIXXDはアメリカに倣いボクシンググローブでした。ピンクMIXXDは独自路線のパンチモンスターとして企画されたことが伺えます。

PUNCH MONSTER MIXXD
あらゆるところに音楽関係をイメージさせるデザインが。

PUNCH MONSTER MIXXD
裏面にもミキサーっぽいデザインがあって面白い。ピンクのMIXXDは缶全体が凝っていて楽しいですね。

黒ピンクとピンクのPUNCH MIXXDを飲み比べ

同じ国の似た商品同士で比較できれば良かったのですか今回はイギリスの黒ピンクとハンガリーのピンクで飲み比べしてみました。
PUNCH MONSTER MIXXD
並べてみても色はまったく同じ。香りも同じフルーツパンチの香りです。

さっそく飲み比べ。結論としては味に違いはほとんどなく、交互に何度飲み比べても同じ味と香りに感じられました。砂糖がハンガリーのほうが3g多いものの人の舌で感じる誤差レベルでしょう。果汁も構成は同じで5.3%です。

甘いパンチの香りと甘いバナナやマンゴー、爽やかなアップルの余韻が残り、1リットル飲んでも意外と飽きない美味さ。一般的なフルーツパンチだと1リットルはキツいですよね(^_^;)

PUNCH MONSTER MIXXD
アメリカのパンチモンスターシリーズから引き継いだと思われる黒ピンクのボクシンググローブがマイクに変更。

どちらも名称は似ていて中身も実はほぼ同じ味ですが缶カラーやデザイン面で色々と違いはあり、一般商品者からするとまったく別物と思われがちです。しかし商品としては同じものなんですよね。今回飲み比べで使用したイギリスの黒ピンクのMIXXDも2020年にはピンクにリニューアルされました。これでEUのPUNCH MONSTER MIXXDはピンクのデザインに切り替わっていきました。

クラシックな黒ベースのデザインも良いですが、モンスターエナジーは派手なデザインに切り替わっていく傾向にあり、音楽のイメージを散りばめたピンクのデザインになっていくのは頷けますね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのPUNCH MONSTER MIXXDの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram