PUNCH MONSTER RIPPER

PUNCH MONSTER RIPPER
カナダのリッパー、パンチモンスター・リッパーです。アメリカなどと違いカナダの場合はパンチシリーズでの展開になっています。今回はアメリカのジュースリッパーとの比較もしてみて気づいた点などがあり面白かったです(●´ω`●)

爽やかで甘いトロピカルフルーツフレーバー

開けた瞬間に吹き出すパインの甘い香りは何回体験しても喜びを感じるという・・・。缶の色からもパインらしさを感じると思うので期待通りといったところでしょうか(*´艸`*)

PUNCH MONSTER RIPPER
グラスに注ぐと濁りのある明るい黄色のリッパーが現れます。この色ならグラスに注いでも間違いないですよね。

味は爽やかさを感じさせる甘いトロピカルフルーツフレーバー。どのフルーツの主張が強いか、というと感じ方にもよりますがやはりパインでしょう。あっさりしたパインにパパイヤ、オレンジ、マンゴー、バナナなどがブレンドされている感じ。

とろみはそこまで強くなく、しっかりしたトロピカルフルーツミックスフレーバーにも関わらず口に残る感じはありません。鼻にも残らないのでどんなシーンでも飲みやすくなっていると思います。

逆に濃厚で刺激的なトロピカルフルーツフレーバーを期待していると美味しいことは間違いないけどちょっと想像と違うと感じる場合もありそうですね。

PUNCH MONSTER RIPPER
缶デザインはパンチシリーズそのものになっていてアメリカのジュースとは違うシリーズになっています。公式サイト上ではジュースシリーズなんですけどね(´・ω・`)

PUNCH MONSTER RIPPERのエナジー成分

PUNCH MONSTER RIPPER
カフェイン160mg、タウリン2000mg、高麗人参400mg、イノシトール10mgのシンプルなエナジーブレンド構成。

ジュース成分は、リンゴ、グアバ、パッションフルーツ、パイナップル、オレンジ、レモンが配合されているようです。ちなみに果汁の量はどれだけ入っているかの記載はありません。

PUNCH MONSTER RIPPERとJUICE MONSTER RIPPERの比較

それでは今回のカナダのパンチリッパーとアメリカのジュースリッパーを比較していきましょう。

PUNCH MONSTER RIPPER
写真左がパンチモンスター、右がジュースモンスターです。こうして並べてみても違いはよくわかりません。

しかし明らかな見た目の違いがあることに気づきました。撮影用のグラスに注ぎきれない分は別のグラスに入れておくのですが、ジュースモンスターには濃厚な神のモヤがあるのに対してパンチモンスターにはほぼ見られないどころかクリアなイエローなんですよね。

PUNCH MONSTER RIPPER
神のモヤは果汁と思われるもので、炭酸によってモヤモヤと浮遊します。落ち着いてくるとグラスの底に濃厚な色で沈殿しますが、これがパンチモンスターにはありませんでした。この違いは明らかすぎて言葉が出ません。カオスのときはこんなに違いでたかなぁ・・・と驚きました。

では飲み比べてみます。これは明らかに違いがわかりました。まずパンチは先述の通りとても爽やかで甘いトロピカルフルーツフレーバー。しかしジュースは味の系統こそ同じですが飲んだ後に口の中から鼻までふわっと広がる濃厚で芳醇な香りがあります。ジュースのほうが甘さに重みと深みがあり香りも濃厚さにも違いを感じます。

元々M-80から好きだった人の場合はジュースモンスター・リッパーのほうが好みかもしれません。沈殿する神のモヤ具合から見ても果汁の配合量による香り・味の違いが大きく出たのかなと思います。

爽やかに飲みたい場合はパンチモンスター・リッパー、濃厚でしつこいくらいのパイン系トロピカルフルーツフレーバーを飲みたいならジュース・リッパーですね。

ちなみに最終的にどれくらいの沈殿物に違いがあるのかというと・・・。
PUNCH MONSTER RIPPER
ここまで違いが出ました。一応パンチモンスター・リッパーのほうにも黄色い沈殿物がありますが色と量が全然違いますね。

PUNCH MONSTER RIPPER
ちなみにプルタブはシルバーでロゴ無し。カナダはロゴありやなし、カラータブ、などなど色々混在しています。

PUNCH MONSTER RIPPERの関連エナジードリンク


PUNCH MONSTER RIPPERの評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について

訳ありエナジードリンクセール