Power Point ICE BLUE

投稿日:2021年12月11日|最終更新日:2021年12月11日

Power Point ICE BLUE
ドイツのパワーポイントエナジードリンクシリーズの最後フレーバーとなったICE BLUEです。商品名からどんな味か想像できそう。

メーカーRHODIUS
製造国ドイツ
価格100円
ミント・メントール・冷感系
総合評価★★★☆☆

酸味のあるキャンディー系メントール

エナジードリンクらしい自然界に存在しないような真っ青なまさにアイスブルーカラー。期待通りの色です。
Power Point ICE BLUE
口に含むと甘酸っぱいキャンディー系の味わいにメントールのひんやりした冷たさが広がります。

味自体は何味か表現のしようがない酸っぱいだけで、特徴はやはりメントールの冷感でしょう。美味しいかどうかは別としてひんやりとした飲みごたえを楽しむ商品です。

たまにはこのような変化球も面白いですが、不味くはないけど美味しくもないので個人的にリピートはないタイプの商品です。ちなみにパワーポイントシリーズはこのあとデザインリニューアルなどを行いながら販売を続けていましたが、ICE BLUEが最後のフレーバーとなりエナジードリンクブランドとして幕を閉じました。

Power Point ICE BLUEのエナジー成分

Power Point ICE BLUE
カフェイン80mg、タウリン225mg配合。過去のパワーポイントシリーズの商品と比較してタウリンが異様に少ないです。その他にエナジー成分や特殊な成分は含まれていませんでした。

Power Point ICE BLUEのデザイン

今回のPower Point ICE BLUEからデザインがリニューアルされました。

ペンキのかすれたようなフォントが使われフレーバー名が大きく缶全体に配置されるようになりわかりやすくなったと思います。パワーポイントのブランドロゴは変わらず下に小さく入っています。
Power Point ICE BLUE
雪の結晶のシルエットで冷感が楽しめるアイスブルー独特の雰囲気を演出。味自体はやや微妙ですが、コンセプトや中身の色なども全体的に悪くはありませんでした。

100円前後で買えるお手軽エナジードリンクブランドですが、シンプルなデザインで余白含め全体的にバランスも整っていて、缶表面のマットな質感もあり安っぽい印象はないですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのPower Point ICE BLUEの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram