Power Point Classic

投稿日:2018年12月18日|最終更新日:2019年10月10日

Power Point Classic
ドイツの低価格エナジードリンク、パワーポイントクラシック。現在はゲームコラボ缶が続々と発売されるなど低価格エナジードリンクとは思えないブランド。オリジナルフレーバーとなるこのクラシックが最も多くのコラボ缶を出しています。

メーカーRHODIUS
製造国ドイツ
価格100円

水っぽい王道系フレーバー

開けた瞬間の香りは王道系フレーバーそのもの。レッドブルの香りに近く、甘ったるい香りやケミカル臭は特に感じられませんでした。

Power Point Classic
グラスに注ぐと当然中身も王道系そのものでした。この香りならそうなりますよね。

口に含んだ第一印象は酸味のある水っぽい王道系フレーバー。レッドブル寄りですが甘味は弱く、こってりと下に残る感じもありません。飲んでみると香水系の香りも感じられましたが、至って普通の王道系フレーバーでした。

後味は酸味と香りが残るので薄味ではありませんが、液体に粘度がほとんどなく水のようにサラサラと入ってくるので物足りなく感じるかもしれません。

王道系フレーバーによくあるのが、少し変な味、香りをつけて特徴を出すやつ。この無駄なアレンジは大抵まずいのですが、パワーポイントクラシックは独自アレンジする感じもなく普通に飲める標準的な王道系です。癖のない王道系フレーバーを並べて飲み比べたらパワーポイントを当てるのは難しいかも。やっぱりっぽいサラッとした口当たりが特徴になるのかなぁ。

Power Point Classicのエナジー成分

Power Point Classic
カフェイン80mg、タウリン1,000mg配合。ほかにナイアシンやイノシトールなどの一般的な成分もわずかですが含まれています。

これといって特別な成分は入っていないですがレッドブルと同等の標準的な成分はカバーしているので100円(最近少し値上げされてしまいました)なら十分なのではないでしょうか。

パワーポイントエナジードリンクのゲームコラボ

特に今回レビューしているクラシックはゲームとのコラボ缶を多く出していて、2017年のデザインリニューアル後は立て続けにゲームコラボ缶を発売。今ではゲーム系に近いエナジードリンクブランドのひとつとして認識されるようになっています。実際にドイツではゲーマーがまとめ買いしていますし、今後も定期的にコラボ缶が出てくると予想されます。

モンスターやロックスターのゲームコラボ缶は国を越えてコレクターから注目されますが、パワーポイントのようなマイナーブランドはスルーされていて悲しいですw
というかたぶんパワーポイントというエナジードリンク自体知らない人のほうが多いですよね。残念(´・ω・`)

缶のマットな質感やシルバーとブラックのコントラストが、前面一杯に描かれたデザインを邪魔せずキレイに仕上げているこの感じ、毎回好きなんですけどね(●´ω`●)

缶の上部にある「PFANDFREI」は缶リサイクル時の「保証金なし」の表記です。
Power Point Classic
一般的に飲み物などの容器にはデポジット料金が含まれていて、回収機に入れるとお金が戻ってきます。パワーポイントはその対象外。この部分は一般的にエナジー成分などを書くことが多いんですけどね(^_^;)

シルバータブ。特にロゴ入りではありません。
Power Point Classic
ヨーロッパでは激安エナジーブランドでもカラータブや独自のブランドロゴをプリントしているものもあるので、パワーポイントも頑張って欲しいです。

外国に行ったらその国で頑張っているローカルブランドのエナジードリンクを堪能するのも楽しいので、ドイツへ旅行へ行く方は是非パワーポイントエナジードリンクシリーズを手にとってみてくださいね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram