STINGエナジードリンク BERRY BLAST

投稿日:2019年12月29日|最終更新日:2020年2月 7日

STINGエナジードリンク BERRY BLAST
ベトナムで発売されているSTINGエナジードリンクのベリーブラストフレーバー。ベトナムでは缶、ペットボトルが発売され、同フレーバーでマレーシアでもペットボトルが発売されています。

今回はベトナムもマレーシアもフレーバー名が同じためベリーブラストをひとつのレビューにまとめました。

メーカーサントリーペプシコ
製造国ベトナム
価格55円

かき氷原液シロップのような人工的いちごフレーバー

真っ赤な原液カラー。人工的なストロベリー系の甘い香りが漂い、これを今から飲むのかと思うと少し気が引けます(^_^;)
STINGエナジードリンク BERRY BLAST
口に含むと甘酸っぱい濃厚ないちごシロップの原液のような味と若干ケミカル系の風味も含む、飲み続けるのが困難な味・・・。

ベトナム版STINGゴールドのような甘味に偏った味ではなく、甘酸っぱいストロベリーシロップにケミカルフレーバーが加わって違和感のある味に感じるので個人的にはもう飲みたくないかなと。

しかもグラスに注いだときは炭酸の泡立ちがありましたが飲む頃には炭酸の刺激が皆無だったので、爽快感がなく飲みにくいんですね。とは言えこれが強炭酸だったとしても独特のシロップ系フレーバーに爽快感が加わるとは思えない味でした。

マレーシアのSTING BERRY BLAST

マレーシアのベリーブラストも開けてみました。色はベトナムとまったく同じですが注いだときの泡立ちがなく炭酸は微炭酸というよりも無炭酸に近い状態で出てきました。
STINGエナジードリンク BERRY BLAST
では飲み比べてみましょう。味のベース、香りはベトナムとほとんど変わりませんが舌に残る甘味はマレーシアのほうが軽めで口に含んだ瞬間にこの差がわかります。飲んだあとに抜けていくケミカル臭はどちらも同じで、これが個人的に引っかかるところかも。

マレーシアのベリーブラストのほうが原液感が軽減されて飲みやすいですが、どちらもリピートはないかなと思います。

やはり原液シロップを飲んでいるかのような味と炭酸の弱い爽快感のない味、さらにケミカルフレーバーが加えられて何とも言えない不健康な味が受けつけませんでした。

STINGエナジードリンク BERRY BLASTのエナジー成分

カフェイン62.7mg、タウリン66mg、高麗人参13.2mg配合。STINGベリーブラストががリニューアルされ「4年もののレッドジンセン配合」となったようですが本当にそうなのかは不明。
STINGエナジードリンク BERRY BLAST
STINGシリーズと言えば過剰な糖分。ベリーブラストも64.4gも入っていました。330mlにこれだけ入っているのは尋常じゃないですね。普通なら500ml缶に入っているような量です。

ちなみにマレーシアのベリーブラストは標準的な35g配合。こちらのほうがまともですが、異次元の味を楽しみたいならベトナム産のベリーブラストを飲んでみることをお薦めします。

さらに後日購入したカンボジアのベリーブラストは500mlペットボトルが存在し、1本あたり95gという限界突破クラスの糖分配合。
STINGエナジードリンク BERRY BLAST
STINGは500mlにしちゃいけないエナジードリンクですね(^_^;)

STINGエナジードリンク BERRY BLASTのデザイン

STINGエナジードリンク BERRY BLAST
ストロベリーが描かれていますが単なるイメージで味は強烈なかき氷の原液系でフルーツ感はまったく楽しめない、ある意味お約束通りの商品。STINGに旨味を求めては駄目ですねΣ(´∀`;)

左からベトナム缶、ベトナムペットボトル、マレーシアペットボトル。
STINGエナジードリンク BERRY BLAST
今回レビューしたベトナムとマレーシアのベリーブラストはどれもフレーバー名が同じだったので個別にレビューしませんでした。とは言え飲み比べられるチャンスがあれば同時に飲むと違いがよくわかって良いですね。正直STINGの飲み比べは辛いですが(ヽ´ω`)

ベトナムでは缶とペットボトルどちらも330ml入りで発売しています。元々炭酸がほとんど感じられない商品ですが、炭酸の抜けを考えるとよりよい状態で飲める缶で買うのをお薦めします。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram