STINGエナジードリンク(ベトナム)

投稿日:2019年11月28日|最終更新日:2019年11月28日

STING(ベトナム)
ベトナムで発売されているSTINGエナジードリンクです。フレーバー名の記載は特にありませんが、色、味、デザインから各国共通のGOLD RUSHであると考えられます。

世界トップクラスの濃厚な甘味が格安で楽しめるペプシコを代表するエナジードリンク。

メーカーサントリーペプシコ
原産国ベトナム
価格55円

甘く濃厚なフルーツ系香水フレーバー

開栓すると甘く濃厚な香りが吹き出します。日本のSTING GOLDよりも断然濃い!
STINGエナジードリンク(ベトナム)
中身の色は煌めく濃厚なゴールドカラー。この色と香りに飲む前からビビっちゃいますね・・・。

口に含むと酸味ゼロ、甘味全開、トロトロしたフルーツミックス系の濃厚な原液フレーバーで想像通りでしかない味。ピーチを摩り下ろしたような甘味ととろみにより原液感を楽しめるのが特徴。

リアルなフルーツの甘味ではなく、人工的に砂糖と香りで作り出すフルーツミックスフレーバーであり、炭酸入りにもかかわらず炭酸の刺激を消し去るほどのシロップ状の液体に驚きました。

普通は甘味だけでなく酸味もわずかに残したりするものですが、ベトナムのSTINGは甘味のみ。完全にナチュラルな味は切り捨て、自然界を超えるフルーツの甘味を追求した結果がベトナムのSTINGです。ここまで甘さに振り切ったエナジードリンクも珍しいですね。

各国STINGエナジードリンクの飲み比べ写真
日本のSTINGエナジードリンク GOLDも甘いですが、それよりも甘味が強化されています。日本版STINGの記事で飲み比べしましたが、比較対象に並ばないレベルの甘さです。

STINGエナジードリンク(ベトナム)のエナジー成分

カフェイン83mg、タウリン66mg、高麗人参などを配合。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
しかしエナジー成分よりも炭水化物が58gも入っていることが驚きでした。度肝を抜かれた日本版よりも当然多い量です。これで1本55円ですからねΣ(´∀`;)

STINGエナジードリンク(ベトナム)のデザイン

金のSTINGは一般的に「GOLD RUSH」という商品名が付くようなのですが、ベトナムの商品には特に記載がありませんでした。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
稲妻のようなデザインが描かれているのもベトナム版の特徴なのですが、所々太いラインも入っていたりして・・・。

まさかの高麗人参の根を描いている可能性も。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
缶にも高麗人参推しが伝わってきますし・・・。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
いややっぱり稲妻ですよね(^_^;)

各国のSTINGのCMはすべて電気が走るようなイメージのものが多い気がします。(日本版を除く)

ベトナムでは330ml缶と330mlのペットボトルが販売されています。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
現在製造されているか不明ですが250ml缶と250mlガラス瓶もあり、バラエティー豊かなエナジードリンクブランドであることがわかります。

STINGエナジードリンク(ベトナム)
ペットボトルにはなぜかアメリカのFDAのマークが。

タブはシルバータブでした。
STINGエナジードリンク(ベトナム)
ペプシコのロングセラーブランドでもありますし、缶にも遊び心をどんどん投入してほしいですね。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram