Mother FROSTY BERRY

投稿日:2017年11月17日|最終更新日:2020年10月15日

Mother FROSTY BERRY
マザーエナジードリンクの定番フレーバーのひとつ、フロスティーベリー。ベリーフレーバーのド定番フレーバーで難しいことを考えず美味しくがぶ飲みできる逸品。オーストラリアに行ったら必ず買って飲んでみてくださいね。

Mother FROSTY BERRYの基本情報

メーカーモンスターエナジー(コカ・コーラ)
製造国オーストラリア
価格300円
グレープブルーベリー
総合評価★★★★★

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界5,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。

濃厚でわかりやすいグレープ&ブルーベリーフレーバー

Mother FROSTY BERRY
グラスに注ぐと中身はグレープフレーバーとわかりやすい美しいパープル。リアルな果汁系グレープとは違い、透明度を維持した綺麗な色です。

口に含むと人工的に整えられたグレープの酸味、甘味、香りがどれも邪魔することなくバランスを保ったまま広がり抜けていきます。グレープフレーバーの王道を行く美味しさ!何度口にしても飽きることのない一定の旨味を楽しめるのでびっくりです。

フロスティーベリーは果実感・果肉感はなく、濃厚な残留物もないのでリアルグレープを目指したフレーバーではありません。グレープフレーバーの砂糖入りジュースの決定版とも言える味はチープさは皆無、グレープの美味しいところだけをすべて引き立てた良い意味で人工的な商品です。

Mother FROSTY BERRY
味も香りも濃すぎず強すぎず、それなのに一定の満足感を得られるレベルを終始キープ。氷を入れて飲んでも変わることのない美味しさは流石です。

Mother FROSTY BERRYのエナジー成分

Mother FROSTY BERRY
カフェイン160mg、タウリン2000mg、ガラナなどを配合。

Mother FROSTY BERRYのデザイン

コカ・コーラから発売していた頃のマザー・フロスティーベリーはカッコイイですね。カーボン調黒ベースに紫が映えます。
Mother FROSTY BERRY
モンスターエナジー傘下に入ってからは紫だけのシンプルなデザインになってしまい、マザーエナジードリンクらしさがなくなってしまいました。デザイン的にやる気が感じられせんΣ(´∀`;)モンスターエナジー傘下になると各エナジードリンクブランドはデザイン的に大抵劣化するのでマザーシリーズもそんな煽りを受けた形です。残念。

とは言え味は昔から変わらず、グレープフレーバーの王道を維持しているのは不幸中の幸いですね。

Mother FROSTY BERRY
タプは昔からシルバータブでした。モンスターエナジー傘下となった現在もシルバータブです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのMother FROSTY BERRYの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント