リアルゴールド

投稿日:2021年4月18日|最終更新日:2021年4月27日

リアルゴールド
日本が誇る歴史あるエナジードリンク、リアルゴールドです。もともとエナジードリンク表記はありませんでしたが、エナジードリンクの人気が高まってきたことで正式にエナジードリンク表記をつけて販売。エナジードリンクマニアでも取り上げることができるようになりました。

エナジードリンクにハマっていくと海外エナジードリンクばかりに目が行きがちですが、日本で40年続くロングセラー元祖炭酸エナジー飲料、リアルゴールドの奥深い世界を改めて見ていきましょう。

メーカーコカ・コーラ
製造国日本
価格60円
王道系薬品・ケミカル系

甘いケミカル風味が混ざった元祖エナジードリンク

黄金に輝くリアルゴールド。レッドブルやモンスターエナジーとは少し違う輝きある透明な蛍光イエローですね。
リアルゴールド
口に含むと甘いケミカル風味が広がる昔ながらの炭酸栄養飲料のクラシックな味わい。

苦味のある栄養ドリンクを子供にも飲みやすくしような甘さが特徴的ですね。甘いけど後味に薬品のような風味が残る、元気が出そうな気分にさせてくれます。

リアルゴールドは甘みが特徴的で、似たような日本の伝統的炭酸栄養ドリンクのオロナミンCのような爽快感はあまり楽しめません。缶サイズは300mlボトル缶もありますが、160mlや190mlサイズくらいが美味しく飲みきれる丁度良いサイズかな。

そういえば子供の頃、リアルゴールドを飲み過ぎたらどうにかなっちゃうんじゃないかと思っていた時期がありました(*´艸`*)1981年発売からもう40年。超ロングセラー商品です。

リアルゴールドのエナジー成分

リアルゴールド
カフェインは含まれていません。1日分のビタミンC、ローヤルゼリー、高麗人参、フェニルアラニン、イソロイシン、スレオニンなどのアミノ酸を配合。

リアルゴールドは着色料不使用で、この金色の中身の色はビタミンB2の色そのものだそうです。レビューで見るまでこんな小さな注釈は気にしていませんでした。黄色が明るく濃すぎないのはB2の色だけだったからかぁ。ほかのエナジードリンクはB2を含みつつもう少し濃い黄色にするのに着色料を加えていますもんね。

リアルゴールドのデザイン

リアルゴールド
金の中身の色と炭酸の泡立ち、そして赤との組み合わせが現在のリアルゴールドのテーマカラー。そして雷のシンボルマークが特徴です。

リアルゴールド
エナジードリンク表記がついてからよく見るようになったのですが、リアルゴールドも色々なキャンペーン缶が出ています。以前はラインキャンペーンの缶が出ていました。

少年サンデーとのコラボデザイン缶(5種)、ペットボトル(リアルゴールド ウルトラチャージ レモン8種)が2021年3月15日に発売。
リアルゴールド
これは第一弾のコラボ商品ということで、「タッチ」、「今日から俺は!!」、「ハヤテのごとく!」、「うしおととら」のデザイン缶が出ています。缶とペットボトルで13種類もあります。が、ペットボトルはあまり集めたくないので缶タイプのものだけコンプしました。30~40代向けのコラボデザインですね。若い子は全然興味なさそう(^_^;)

左はまだ海外ブランドのエナジードリンクが上陸する前のリアルゴールドです。
リアルゴールド
エナジードリンクといえばカフェイン、カフェインは危険、というイメージがあるからか、今はあえて「カフェイン不使用」と書かれていますが昔はそんな表記なかったんですよねぇ。小さな注釈ひとつ見ても時代が変わった感じがします。

エナジー飲料時代のリアルゴールド

デザインはほぼ同じの「エナジー飲料」時代のリアルゴールドともデザインなどを見比べてみましょう。

エナジー飲料のリアルゴールド
エナジードリンクになって炭酸の泡感が演出されていて赤と金でまとまった感じがありますね。エナジー飲料時代の赤と金の組み合わせも好きですが、稲妻のオレンジが少し安っぽい印象を感じます。

成分はほぼ同じですが、ビタミンCが多くなって「1日分のビタミンC」と書かれるようになったようですね。
エナジー飲料のリアルゴールド
新しいエナジードリンクのほうには「アスパラギン酸」がピックアップされなくなりましたが新旧どちらも同じ量配合されています。


リアルゴールドは成分を気にせず子供でも誰でも楽しめる、40年の歴史がある日本のクラシカルなエナジードリンクです。最近はリアルゴールドシリーズで何種類もエナジードリンク商品を出しているので注目してみるのも良いと思います。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

みんなのリアルゴールドの味・成分の感想・評価

感想・評価の投稿

名前

コメント

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から5,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
運営者プロフィール|<twitterInstagram