ROCKSTAR GINGER BREW

投稿日:2017年9月12日|最終更新日:2020年4月 8日

ROCKSTAR GINGER BREW
2016年アメリカのAMPM限定で発売されたロックスタージンジャーブリュー。発売から数カ月後ローカルマーケットにも開放され全米で購入できるようになった商品です。

メーカーロックスター
製造国アメリカ
価格200円

辛味のない甘口ジンジャーエール

開栓すると生姜の香りがふわっと漂います。辛いのが苦手なのと、日本の生姜入りエナジードリンクで嫌な思いばかりしているので「ジンジャーブリュー」という商品名とこの生姜の香りで正直飲む前から憂鬱です(^_^;)

ROCKSTAR GINGER BREW
グラスに注ぐと明るく美しいシャンパンカラー。キラキラしたゴールドの缶からこの色の中身が出てくるとテンションが上がりますね。

では飲んでみましょう。

口に含むと生姜の辛味・刺激臭がほとんどない甘口タイプのジンジャーエールで辛さに弱いドリン君も美味しく飲める!ε-(´∀`*)ホッ

常温だとわずかに辛味が感じられますが冷やすとほとんど辛味はなくなりすっきりした甘いジンジャーエールが楽しめます。辛さに弱い人でも十分楽しめるはず。

逆に辛口の刺激を求めている方にとっては拍子抜けどころかそもそもこんな甘口飲みたくなかったと評価はわかれるでしょう。海外のジンジャー系フレーバーのエナジードリンクは基本的に甘口ばかりなのでドリン君は安心して飲めるのですが、日本のライジンなど辛口で刺激の強いタイプが好きな方には海外モノのどれを飲んでも満足できないでしょう。

ロックスタージンジャーブリューのエナジー成分

ROCKSTAR GINGER BREW
カフェイン160mg、タウリン2000mg、ガラナ200mg、グルクロノラクトン100mg、カルニチン50mg、イノシトール50mg配合。ジンジャーブリューはかなり細かくエナジー成分が記載されています。

しかし生姜抽出物などの香辛料に関しては特に書かれていませんでした。何となくジンジャーっぽい刺激は感じますし、全部飲むと生姜感を喉と胃に感じるんですけど・・・。入ってなかったらこの感覚は何なのでしょうかw

ロックスタージンジャーブリューのデザイン

ROCKSTAR GINGER BREW
ゴールドの濃淡2色でROCKSTARの文字ばかりでこのクールなデザイン。フォントにこだわればもっと高級感あるデザインになりそう。缶表面はツルツルしていて普通ですが、光沢があるようにも見えてこれはこれで良いですね。

ROCKSTAR GINGER BREW
ブラックトップでキッチリと締めてゴールドタブを忘れないのもロックスターの素晴らしいところ。これでシルバートップ&シルバータブだったら完全に萎えます(^_^;)

ROCKSTAR GINGER BREW
ロックスタージンジャーブリューは店舗限定で発売された後、小規模店舗向けに全米展開したものの在庫処分用に販路が広げられた感を各地で感じていたので、恐らく人気が出なかったのでしょう。継続販売はされず製造終了となりました。アメリカより先に発売されたオーストラリアでもジンジャーフレーバーはそれほど長く続かなかったため、ロングセラー商品として残りにくいのかもしれませんね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram