ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS

投稿日:2019年1月16日|最終更新日:2019年7月11日

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
2018年サマーシーズンを前にAMPM限定で発売されたロックスターピュアゼロ#TMGSです。今までになかったグラデーションカラーのデザイン、しかも店舗限定、今回の場合は地域限定にも相当しますし、今までのピュアゼロに比べて格別のリミテッド感を醸し出しています(●´ω`●)

メーカーロックスター
原産国アメリカ
購入価格200円

あっさりとしたストロベリーメインのフレーバー

開栓と同時に吹き出すマンゴー&オレンジのみずみずしい香り!缶カラーからもこんな香りを期待していました(*´艸`*)

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
グラスに注ぐと・・・ん!?ピンク!?思っていたのと違うやや薄いピンク。てっきり缶のグラデーションの上のほうの色、パイプラインパンチくらいの濃厚なトロピカルフルーツカラーをイメージしていただけに思っていた色とは少し違いました。

写真ではやや濃いめのピンクに見えますが実際はかなり優しい色合いのピンクです。

一口目に感じるのは酸味のない優しい甘さのオレンジとパパイヤのミックスフレーバー。そこにストロベリーの香りが一気に広がって、最初に感じるミックスフルーツテイストが一気にストロベリーテイストに持っていかれます。飲み続けるとストロベリーフレーバーとしか感じなくなってしまうほどの存在感(●´ω`●)

後味はほとんど残らずとても爽やかです。人工甘味料の嫌な味わいもなく、ゼロゼロ系の出来としてはかなり良く、ストロベリーフレーバーとしても美味しくて全体的に満足度は高いです。

他社ゼロゼロ系とはレベルが違い、フレーバー再現度が秀逸。今後アメリカでより広がるゼロゼロ系エナジードリンクですが、今まで濃厚な味わいに慣れ親しんだ人にもピュアゼロ#TMGSはすんなり受け入れられるレベルだと思います。

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGSのエナジー成分

カフェインは圧巻の240mg配合。その他タウリン2000mg、グルクロノラクトン100mg、イノシトール50mg、ガラナ、高麗人参などを配合しています。

すっきりした味わいで夏に一気飲みしたくなるフレーバーですがカフェイン量が多いのでほかのエナジードリンクやコーヒー、カフェイン含有サプリメントなどと併用しないように気をつけたいですね。

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
カロリーゼロ、シュガーゼロ、当然果汁も入っていませんが、ストロベリーのフレーバーはかなり飲みやすく美味しいです。よくゼロゼロで再現したなと感心する出来です( ´∀`)bグッ!

#TMGSとは

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
ROCKSTAR PURE ZERO #TMGSはアメリカのAMPM限定販売の商品です。発売後すぐサンフランシスコで買ってきました( ´∀`)bグッ!

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
#TMGSとは販売店であるAMPMのキャッチコピー、Too much good stuffと、フレーバー名の頭文字がかかっています。タンジェリン、マンゴー、グアバ、ストロベリーの4種類の頭文字で#TMGSです。

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGSのCMのひとコマ。
ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
このCMで出てくる#TMGS、通常販売商品とは違うんですよね・・・。ちなみに店頭に出回るプレリリースレベルではなく完全に社内サンプルレベルの個体だと思います。これは気になりますね。

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
ピュアゼロシリーズでははじめてのグラデーションデザイン。これでAMPM限定販売というところがリミテッド感満載でマニア心をくすぐります。今までこんなカラーのピュアゼロ、ロックスターシリーズはなかったですからね。

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS
プルタブは中身と同じピンクタブ。缶上部のオレンジとの対比がまた美しいです(●´ω`●)

ROCKSTAR PURE ZERO #TMGS2019年には#TMGSを外して全店舗開放となっており、全米の各店舗で気軽に買えるようになります。それに伴い商品名は短くてわかりやすい『#TMGS』ではなく、フレーバー名全てを表記して久しぶりに長文商品名になっています(^_^;)

これはさすがに言いにくいので、マニアの間では全米開放後も#TMGSのままやり取りされていくものと思います。

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram