ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE

投稿日:2018年9月 2日|最終更新日:2020年4月11日

ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
2018年アメリカロックスター新作のピュアゼログレープ。カロリーゼロ・シュガーゼロとは思えない完成度で驚きです。ゼロ系グレープフレーバーでは最強レベルの美味しさ、安定感がある全員が飲むべきゼロゼログレープです。

モンスターエナジーのウルトラバイオレットに対抗したかのような缶デザインとフレーバー。実際にウルトラバイオレット発売後にリリースされたので完全にライバル視はしていますよね。ロックスターらしいやり方ですが、正直ピュアゼログレープのほうが正統派グレープフレーバーでヤバいです。

メーカーロックスター
製造国アメリカ
価格200円

ゼロゼロとは何だったのか・・・濃厚グレープフレーバー

開けた瞬間、ぶどうジュースの濃厚な香りが吹き出します。ゼロゼロに何を求めるかによって違いますが、ゼロとは思えない糖分たっぷりの甘い味を求める人にはピュアゼログレープの濃厚でジューシーな香りに期待は高まるでしょう((o(´∀`)o))

ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
グラスに注ぐと美しい透明感のあるパープル。レッドブル日本版ブルーエディションぶどう味に似ていてとてもキレイです。レビューのときも普段飲むときもグラスに注いだ瞬間この美しい色を見るたびにテンション上がります(*´艸`*)

さっそく飲んでみると、まず第一声「何これ美味すぎる!」とつい声に出るレベル。カロリーゼロ・シュガーゼロとは思えないほどまろやかな甘味と香りが包み込むぶどう味です。人工甘味料だけで作ると不味さが感じられがちになる酸味もほどよくあり甘いだけのぶどう味ではないところが素晴らしい。香りが強いので終始ぶどうフレーバーが持続します。人工甘味料独特の不味さはなく、これなら無駄な糖分を摂らずピュアゼロをずっと飲み続けられるほどの完成度。

果実感はなし、だけどぶどうジューズのゼロゼロを極めたピュアゼログレープ

リアルなぶどうの渋味や時折感じるみずみずしい甘酸っぱさなど、リアルなグレープフレーバーではありません。しかし人工的にぶどうの良いところ、美味しいところを最大限引き出した無果汁ぶどうフレーバーを突き詰めた味でゼロゼロを実現していることに驚きです。特に香りが想像以上に良い仕事をしていて、キンキンに冷やしたり氷を入れて飲んでも満足度の高いフレーバーをキープ。香りの素晴らしさがよくわかります。
ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
2019年後半には定番フレーバーの中でも特に推す&売れている商品のひとつとして355mlサイズでも販売がスタート。まさがピュアゼログレープがここまで来るとは思いませんでした。アメリカではとにかくピュアゼログレープラッシュでした。これは行かないとわからないけど本当に凄いですよ。

同じタイプのエナジードリンクでモンスターエナジーウルトラバイオレットも十分ゼロ感のない最高の美味しさに仕上がってはいますが、ウルトラシリーズ独特の風味(ゼロウルトラに顕著に感じる風味)が効いていて純粋なグレープフレーバーではないんですね。そう考えると今回のロックスターピュアゼログレープのほうが王道を行くゼロゼロ系グレープフレーバーを極めた感じがして評価は高めです。

ROCKSTAR PURE ZERO GRAPEのエナジー成分

カフェイン240mg、タウリン2000mg、グルクロノラクトン100mg、イノシトール50mg、高麗人参、ガラナ配合。
ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
ゼロゼロなのでカロリーゼロ、当然砂糖ゼロ。罪悪感のない美味しいグレープフレーバーですがカフェインが多いのでコーヒーや紅茶などを含めカフェイン摂取には気をつけたいですね。ピュアゼログレープで唯一の欠点が高フェインすぎて1日に何本も飲めないことでしょう。

ROCKSTAR PURE ZERO GRAPEのデザイン

ピュアゼロシリーズ独特のザラザラしたテクスチャー。
ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
他のピュアゼロシリーズは途中で缶表面がツルツルになってしまったり色々変更がありますが、個人的にはザラザラしているほうが好きです。シルバー部分が凹んでいて傷がついたようにも見えるのが美しい。異素材感が良いですよね。

とは言えこのピュアゼログレープにもザラザラとツルツルどちらもあり・・・。やっぱりザラザラしているほうが良いかな~。

ROCKSTAR PURE ZERO GRAPE
さらにピュアゼログレープには全体的に薄い紫色でロックスターのロゴも紫色をしたものがあり、たまにこれをプレリリースと言う人もいますがプレリリースではなく普通に販売している商品なので惑わされないようにしたいですね。とは言え限られたエリア、限られた店舗で数量はそれほど多く流通しているわけではなさそう。何度か現地で見かけました。

パープルタブ。これまでなかったのが不思議なくらい定番のピュアゼロのグレープフレーバー。発売されてみたらここまで美味しくてまた驚き。定番化して終売はしばらくないでしょうね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram