ROCKSTAR PURE ZERO PUNCHED

投稿日:2014年5月19日|最終更新日:2020年4月 7日

ROCKSTAR Pure Zero Punched
ロックスターのピュアゼロシリーズのパン地フレーバー、ROCKSTAR PURE ZERO PUNCHEDです。発売当初からずっと継続販売されているゼロゼロの定番フレーバー。

メーカーロックスター
製造国アメリカ
価格200円

色よりも濃いチェリー&アセロラ系フレーバー

ROCKSTAR Pure Zero Punched
薄いピンク色。味もこの色の印象通り、あっさりしたアセロラとチェリー系のフレーバーです。

砂糖がたっぷり入ったフルーツパンチフレーバーとは違い、無糖のピュアゼロはとてもライトでみずみずしさを感じる味わい。一般的な濃厚なフルーツパンチフレーバーを想像して飲むとちょっと違うなと感じるかもしれませんが、人工甘味料の不味さは感じられずこれはこれでかなり美味しいんですよね。

決して薄味ではなくしっかりアセロラとチェリーの甘味、程よい酸味を楽しめますし、後味は爽やかでスッと体に染み込んでいく感覚が病みつきになります。が、カフェインが240mgも入っているので飲み過ぎには注意です。個人的に真夏の喉が渇いたときに一気に飲み干したくなるフレーバーなのですが、1本飲んだら他のエナジードリンクは控えたほうが良いかもしれません。

ROCKSTAR PURE ZERO PUNCHEDのエナジー成分

ROCKSTAR Pure Zero Punched
カフェイン240mg、タウリン2000mg、グルクロノラクトン100mg、高麗人参、ミルクシスル、ガラナなどを配合。240mgのカフェイン量は多すぎて安易に飲めない(^_^;)

ROCKSTAR PURE ZERO PUNCHEDのデザイン

ROCKSTAR Pure Zero Punched
缶表面はザラザラ加工が施されており、モンスターエナジーウルトラシリーズとよく似ています。カロリーゼロ・シュガーゼロでライバル商品だからでしょうか。消費者としてもゼロゼロはこんなデザインとわかりやすくて良いかも。

発売から幾度となくデザイン変更してきたピュアゼロシリーズ。歴史が長いだけにアメリカに行くたびに新しいデザインになったゼロゼロのパンチが楽しめました。
ROCKSTAR Pure Zero Punched
しかしカフェイン240mgは多すぎて、これを飲んだらピュアゼロ以外のエナジードリンクは控えたほうが良さそう。毎日何かしらエナジードリンクを飲んでいるならなおさら。しかしスッキリした爽快感のあるフルーツフレーバーは天気の良い日などに最適なんですよね(*´艸`*)

ピュアゼロシリーズはゼロカロリーでゼロシュガーだからこそ「ピュアゼロ」でしたが、2020年からはゼロカロリー表示ができなくなり10kcalになってしまいました。
ROCKSTAR Pure Zero Punched
ゼロカロリー・ゼロシュガーの表記も同時にできなくなっているのでデザインが変更になっています。

ROCKSTAR Pure Zero Punched
味自体は変更なく今も変わらず美味しい。よくこれを人工甘味料だけで作ったなと感心するほどの美味さ。ゼロ感まったくなしです。

ROCKSTAR Pure Zero Punched
ブラックトップにピンクタブ。白いザラザラテクスチャの缶をブラックトップで引き締めてピンクタブがよく映えます。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram