ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY

投稿日:2020年2月19日|最終更新日:2020年8月24日

ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
高カフェインシリーズのXDURANCEがリニューアルされ商品名と中身が大きく変更となったため改めてレビューします。これで3世代目となるキウイストロベリー(^_^;)

メーカーロックスター
製造国アメリカ
価格200円

ストロベリーの濃いめの甘さが楽しめるベストな一本

グラスに注ぐと濁りのある透明色。もともとXDURANCEキウイストロベリーの中身は赤でしたが、この3世代目からは無色透明に変更となりました。高カフェイン系エナジードリンクの多くが透明であることも今回のリニューアルに関係ありそうですね。
ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
味はまろやかな甘味がしっかりしたストロベリーキャンディーのような甘いフレーバーで酸味はほとんどありません。商品名は「キウイストロベリー」ですがキウイらしい味はほぼ感じられません。

後味はゼロゼロなのにしっかり甘味の印象を残し香りも持続するので満足度は高めです。人工甘味料の不味さも皆無でカロリーゼロ・シュガーゼロと気づかない人も少なくないでしょうね。

氷を入れてキンキンに冷やした状態でも甘いストロベリーフレーバーは健在。
ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
そしてガッツリ冷やすと後味にキウイの風味がほんのりと残ります。普通の冷蔵くらいの冷やし方だとストロベリーの甘味が前面に出過ぎてキウイが隠れてしまうかもしれません。氷たっぷりがお薦めです(*´ェ`*)

ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRYのエナジー成分

ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
カフェイン300mg、BCAAとしてバリン50mg、ロイシン200mg、イソロイシン50mg、そしてCoQ10が4mg配合。これまでのRIPPED RED KIWI STRAWBERRYと違うのはクレアチンが入っていないことです。

グルテンフリーやビーガンという記載も2019年の定番表記ですね。多くのエナジードリンクに採用されています。

キウイストロベリーの飲み比べ

これまで3つのキウイストロベリーが発売されています。RIPPED RED KIWI STRAWBERRYが2種類、そして今回レビューしているRIPPED REDが取れたKIWI STRAWBERRYの3種類。
ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
左から1世代目、2世代目、3世代目と並べています。それぞれ発売時期が異なり、缶デザイン、成分、味が違います。

ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
今回は商品名が「RIPPED RED」ではなくただの「ストロベリーキウイ」に変わり、さらに中身も大きく変わっているので3世代すべて飲み比べてみました。

1世代目

酸味が強いのが1世代目の特徴。正直ストロベリー味かどうかはかなり微妙です。甘味はなく酸味が強いですが酸っぱいストロベリーの味は想像しにくい感じ。香りだけは甘いストロベリーなだけに香りと味がマッチしない不思議な完成度。

2世代目

2世代目は酸味がほとんどなくなり甘味が強くなりました。甘味が強くなりキウイ感はほとんどありません。香りは初代と同様にしっかりストロベリーらしさを感じられ甘味とともにストロベリーキャンディーの風味に近づいてきました。

3世代目

そして今回レビューしたキウイストロベリー。香りと味どちらも甘く深みが増しました。よりゼロゼロ感が軽減され砂糖が入っているのではと思うほど味がしっかりしていて完成度が前2作よりも高く感じます。これはリニューアルして正解だったと実感しました。

デザインも大きくかわっています。これまでは黒・赤・シルバーの組み合わせでしたが、今回からは黒・赤・ピンクになりました。
ROCKSTAR XDURANCE KIWI STRAWBERRY
中身の色は赤でもピンクでもなくなっているのに・・・(^_^;)ピンクではなくシルバーのままのほうがよかったかもしれないですね。

XDURANCEシリーズは頻繁にデザインを変えたり中身を変えていて、こんなに変化があると消費者は混乱してしまうでしょう。3世代で味がかなり変わっているので、「酸味の強いあのストロベリーフレーバー(1世代目)ほ今日は買おう」と手にとったら甘い3世代目になっていた、とか普通にあり得ますよね。

缶デザインの違いでコレクションしたい人には面白い変化ではありますが、普通の消費者にとってこんなに変わってしまうのはどうなのかなと考えさせられるシリーズです。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram