ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY

投稿日:2020年2月16日|最終更新日:2020年2月16日

ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
高カフェイン化XDURANCEの初代フレーバーですが、商品名から「スマッシュドブルー」表記が消え中身の色も青ではなくなりスマッシュドブルーは終売となったため新しくレビューとして追加します。

これまで発売されていたROCKSTAR XDURANCE "SMASHED BLUE" COTTON CANDYのレビューはこちらです。

メーカーロックスター
製造国アメリカ
価格200円

青くなくなったコットンキャンディー

グラスに注ぐと中身の色が以前の青から透明に近い色に変わっています。
ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
これまでは商品名に「SMASHED BLUE」が入っていましたが、2回目のリニューアル、3商品目でそれがなくなり商品名は「ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY」となりました。商品名から「青」が消えて中身の色も青くなくなったんですね。色は濁っていて同シリーズのマシュマロと同じような色。

ライバルブランドである他社フィットネス系エナジードリンクのように無色に近い色にしたかったのかもしれませんね。そんなの関係なく独自路線で行けばいいのに・・・。

では飲んでみましょう。

香りも味も砂糖が入っていないとは思えない甘さ。久しぶりにコットンキャンディーを飲みましたが流石ですね。人工甘味料の嫌な味わいはゼロで終始甘味が続きます。

自然界にはない甘味と持続する甘い香り・・・。何をブレンドするとこんなに甘くなるのか、本当に不思議です。とは言えずっしりと重いわけではなくモグモグ感があるわけでもないため飲みながら満足感があるようでない奇妙な感覚に陥ります。

XDURANCEはフィットネス向けのシリーズです。しかしこの甘すぎる「飲む綿あめ味」を運動前、運動中に飲むのはちょっときついかも・・・。

ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDYのエナジー成分

カフェイン300mg、BCAAとしてバリン50mg、ロイシン200mg、イソロイシン50mg、そしてコエンザイムQ10を4mg配合。カフェイン以外は無視していいレベルかな。
ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
前作スマッシュドブルーと大きく違うのはクレアチンがなくなったことでしょうか。ロックスターは本当にコロコロ変わりますね。

今回もゼロカロリー、ゼロシュガーです。成分に関して事前情報なしで飲んだらこれがゼロゼロとは気づかない人がほとんどだと思います。それくらい出来が良い。特にロックスターUSAはゼロゼロを隠すのが世界トップレベルで上手いです。

3世代ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDYを飲み比べ

これまでの「青」を捨てたコットンキャンディー。せっかくなのでこれまで発売されている3世代すべてを飲み比べをしてみましょう!

左から右へ1世代目、2世代目、そして3世代目と並べています。色や雰囲気が見た目だけでもはっきりと違うことがわかりますよね。
ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
濁りのあるブルー、透明のブルー、そして濁りのある透明色。

1世代目は味がまるで違う別物

1世代目は酸味が強くまるでコットンキャンディーとは言えない味。甘味が楽しめる楽しめないというレベルじゃありません。これはフレーバー名と味の乖離が激しすぎて失敗作だったかも。

2世代目と3世代目はほとんど同じ味

2世代目はゼロゼロとは思えない甘さとやわらかく包み込む甘い香りがコットンキャンディーにふさわしい完成形に仕上がっています。2世代目と3世代目を飲み比べてもほとんど違いはなく、色と成分が変わった程度。

成分の差はごく僅か

成分内容や配合量が多少違いがあるものの誤差レベルに近い量。クレアチンが今回からなくなっています。
ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
右が3世代目。フィットネス向けの成分を別枠でわかりやすく表示しているのは良いですね。

しかし中身を変えたりするのはそろそろ終わりにしてほしいですw

デザインも少し見ていきましょう。左が3世代目の新しいコットンキャンディー、右が2世代目のコットンキャンディーです。
ROCKSTAR XDURANCE COTTON CANDY
「XDURANCE」が大きくなり、シリーズ名をより目立たせた感じですね。フィットネス系のロックスターと言えばXDURANCEというイメージを強くしたいのかも。それなら店頭でわかりやすいように真正面に入れたほうが良いんですけどね。

ロックスターのデザインに関しては、カナダのロックスターウォッカCHARGED LEMON CITRONのレビューでも書きましたが、ストレートスターにして正面に全ての要素を詰め込むのがベストだと思っています。しかし2020年は全米で全商品がビッグスター化、伝えたいメッセージを正面に入れることが難しくなってしまいました。缶の色と星のロゴでしか訴求できないのは痛いですね。

エナジー・ドリン君の独自評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

この記事を書いた人:エナジー・ドリン君

アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るエナジードリンクトラベラーでもあります。
twitterInstagram