Bull(レッドブル限定エナジードリンク)

bull
ザルツブルグで何かのイベントの時に会場で配られた限定版レッドブルのエナジードリンク、Bullです。
※今はレストラン等々で販売されているような記事を見かけました。

味はもしかしてF1のレッドブルと同じかも

以前レッドブルのF1エディションのレビューを書きましたが、見た目はそっくり。
味はグレープフルーツやオレンジなどの柑橘系フルーツのような強めの苦味があって、甘さはかなり控えめ。F1エディションと見比べるとわかりますが、色も本当によく似てる。
情報が正確ではないですが、テイスティングサンプルだそうで、もしかするとパッケージデザインだけ変えてF1エディションと中身は同じかもしれません。

Bull缶のデザイン

bull
表は赤字でBull、角と鼻息でしょうか。すごくシンプルでレッドブルらしくはない感じ。これだけ見るとレッドブルのバッタモンが出てきたかと勘違いしてしまいますが、缶の下の方には『A PRODUCT FROM RED BULL』と書かれています。

bull
裏にはレッドブルTVとServusTVのロゴが。この裏デザインですが物によっては違うようです。レッドブルのサッカークラブのロゴが入っているものもあります。当然アメリカですからしっかりした成分表が書かれていますが、今回のBullはザルツブルグのものっぽいのでアメリカのFDA基準の記載がありません。

ちなみにServusTVはレッドブルに買収されたザルツブルグのテレビ局です。このセルヴスという名前はレッドブル創業者マシテッツが名づけたもので、オーストリアの挨拶の言葉だそうです。たぶんハワイで言うアロハ的な?しかし田舎の言葉なのでセルヴスを従業員はダサいと愚痴ってるようですw
トップ番組は一応サイトでも見れます。映像も音楽も美しいので暇な時にでも見てみてください。

Bullが現在どうなってるのか

bull
色々と情報が錯綜しているというか明確な情報がないのでわからないですが、テストサンプルとして作られたとか、ザルツブルグ近郊のレッドブルのレストランやハンガー7で販売されているとか、レッドブルのスポーツ系施設で販売開始したとか・・・ちょっと現状はよくわかりませんね。限定的なものであることは間違いありません。
そもそも缶にバーコードがついているため販売はしているのは確かだと思います。実際にエディションシリーズと一緒に冷蔵庫に入っているのは見ました。

Bullの成分

成分は普通です。味も普通だし、特にプレミア感を出すようなものではないんだと思います。

缶コレクターではないので、これくらいフレーバーも違う、販売や配布ルートも限定的なものはエナジードリンクマニアの血が騒ぎますね。

Bull(レッドブル限定エナジードリンク)の評価

フレーバー
香り
重さ
爽やかさ
モグモグ感

レビューと★評価について