レッドブル330mlボトル缶が形状リニューアル!

投稿日:2019年11月 8日|最終更新日:2019年11月 8日

レッドブルボトル缶の形が変わった!
日本では2014年に登場した330ml入りのレッドブルボトル缶が、2019年10月から形状を変えてリニューアルしていました。

今のところレッドブル・ジャパンから正式なニュースは出ていません。

曲線が美しいボトル缶へ変更

これまでの4つのレッドブルボトル缶と並べると細い首がなくなり、全体的に丸みを帯びた曲線美のあるボトルへと大きく変わっていることがわかりますよね。
レッドブルボトル缶の形が変わった!
旧ボトル缶はコロナビールなどのグラスボトルのように首が細長くなっているのが特徴でした。

新しくなったボトル缶は飲む際に自然なカーブで口元に流れていきそうな形をしています。
レッドブルボトル缶の形が変わった!
キャップのグリップ部分の滑り止めの溝も上下に入って開けやすくなっているようです。キャップ形状はこれまでも徐々に変更されてきましたが、今回のリニューアルでより握りやすくなっている気がします。

日本と世界のレッドブルボトル缶

2019年11月時点ではまだ旧ボトル缶と新ボトル缶が店頭で混在している状況です。

新しいボトル缶が目に入ったときの違和感と言ったら(*´艸`*)
レッドブルボトル缶の形が変わった!
日本でボトル缶が発売され5年が経ち、2019年にリニューアル。思い返すともう丸5年も日本で継続販売されていたんですね・・・。値段が値段だけにしばらくしたらなくなってしまうかと思っていました。

レッドブルボトル缶の形が変わった!
海外でも同様のリニューアルは始まっているのでしょうか!?
渡航先でも必ず買っているのでこれからまた色々な土地で発見できるのが楽しみです。

著者について著者:エナジー・ドリン君

2001年頃、在米時にダンスシーンを通じてエナジードリンクに出会い感動。 帰国後日本ではネタ飲料扱いだったエナジードリンクの本当の魅力を伝えるために2013年総合サイトを開設。 エナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを真剣に飲み始め、各国で狩りをして飲み集めたコレクションは世界6,000種類以上。 メディア取材を受ける評論家や専門家としても活動中。